他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 果樹・野菜畑の自然観察 | トップページ | ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンラン(混生地) »

浮島ヶ原自然公園(7月下旬)

梅雨明けしたというのに、雨降りばかり・・。

下界へ降りたついでに、久々に浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。

Cp7270079 Cp7270089 Cp7270032

富士市の天然記念物に指定されているサワトラノオの花は終わり、ヌマトラノオの花が咲いていました。シロバナサクラタデも咲き始めていました。

Cp7270090i

木道を吹き抜ける風のせいで、なかなかピントが合いません(腕の悪いのを風のせいにしてしまいました)。

Cp7270062 Cp7270065

畑の嫌われ者・・タデの仲間ですが、近づいて見ると、このように綺麗な花です。

Cp7270014 Cp7270015

ゴキヅルも彼方此方で見る事が出来ました。以前より増えているのかな?とっても小さな花が咲いていました。

Cp7270031 Cp7270060

ゴキヅルの葉に付いているこれは何?蜜腺?

園内のツユクサは、他の植物と競い合って草丈がかなり大きくなります。遠目に見るとただの草むらですが、植物のせめぎ合いを観察するのも、人間社会を垣間見るようで面白いです。

Cp7270069 Cp7270066

ハンゲショウは、まだ白い葉が残っていました。この後、少しずつ緑色に戻って行くと思います。

右はミズオトギリの蕾です。この日は、午前中の訪問だったため、を見る事は出来ませんでした。

Cp7270114 Cp7270100 Cp7270200

クサレダマは、果実、花、蕾といろいろ見る事が出来ます。開花時期が疎らな植物のようです。

中と右は似た花ですが、中がエゾミソハギで右は我が家の果樹畑に植えてあるミソハギです。

Cp7270096 Cp7270093

クサレダマの花と蕾を持ったヒメハッカです。クサレダマの花には、御覧のような模様が入ります。

Cp7270099 Cp7270202

エゾミソハギ(左)とミソハギ(右)の違いは?

「エゾミソハギの方は、葉の基部が茎を抱き、毛が多い。萼の付属体は上向き。」エゾミソハギの葉の基部を撮りませんでしたが、毛だけ比べても全然違いますね。

Cimg_6570 Cp7270170

山間部では、見る事の出来ない植物です。こちらも似ていますが、左はヒメガマ、右はガマです。上が雄花で下のソーセージのような部分が雌花ですが、ヒメガマは離れており、ガマはくっ付いています。

神様はどうして、紛らわしい植物を作られたのでしょう?

Cp7270122

螳螂拳の使い手に睨まれましたので、そろそろ退散です。

« 果樹・野菜畑の自然観察 | トップページ | ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンラン(混生地) »

植物観察」カテゴリの記事

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65595553

この記事へのトラックバック一覧です: 浮島ヶ原自然公園(7月下旬):

« 果樹・野菜畑の自然観察 | トップページ | ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンラン(混生地) »