他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ナギラン | トップページ | 駿河の峰に咲くテガタチドリ »

タカネグンナイフウロとアサマフウロ

フウロウソウ科フウロソウ属で、最も身近で見られるのはゲンノショウコです。でも、老眼に向かないとても小さな花です。

フウロウソウ属は、420種以上もあるそうです。そして中には、とても大きな花を咲かせる種があります。

【タカネグンナイフウロ】

Bimg_6206ky

グンナイフウロの品種、タカネグンナイフウロです。今回は、細かい観察はせず花だけ撮ってみました。

Bimg_6203 Bimg_6202f

今迄、私がこの辺りを訪れる時期は、花の咲き始めか残り花の頃でした。今回は、花の盛りに訪れる事が出来ました。

Bimg_6205 Bimg_6250

個体数も多い分、花色もいろいろです。

Bp7141714

一番多い花色です。

Bp7141712

少し赤味を帯びた花。

Bp7141854

こちらは白っぽい花です。純白の花を探しましたが、残念ながら見つかりませんでした

【アサマフウロ】

大きな花を咲かせるフウロソウ属はこちらにも・・。

Bimg_5799

北八ヶ岳で出会ったアサマフウロです。初めて出会った時は、園芸種かと思いました。

Bp7020614 Bp7020616

蜂が訪れていました。体中に花粉を付けています。萌(我が家の甲斐犬)なら、身体をブルブルして振り落とす事でしょう。

※たまには、女子受けする花を掲載するようにとの、家族の要望に沿ったつもりです。

« ナギラン | トップページ | 駿河の峰に咲くテガタチドリ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65546675

この記事へのトラックバック一覧です: タカネグンナイフウロとアサマフウロ:

« ナギラン | トップページ | 駿河の峰に咲くテガタチドリ »