他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヤワタソウ | トップページ | シナノショウキラン①(長野県) »

そろそろ開花する野生ラン

今年は、開花時期の予想が難しいので、マメに様子見するしかありません。

二週間ほど前の様子ですが・・。

Cp6193468 Cp6193471 Cp6193473

キソチドリも蕾が伸びていました。もう咲いているかな?

Cp6193475 Cp6193495 Cp6193482h

中と右はコフタバランです。こちらも、もう咲いていると思います。コフタバランは、花茎の下部に開出毛があります。

Cp6193465 Cp6193484

左は、キソチドリの葉に集っていた虫です。この辺りに生える野生ランの送粉者だろうか?虫の食害にも遭うようで、下の野生ランは果実が熟すまで持ちませんでした。

Cp6193378

開花時期が、一番気になっている野生ラン・・コハクランです。

Cp6193384 Cp6193386

気温の上昇と共に、地面に伏せていた葉が、少し持ち上がって来ます。

Cp6193379 Cp6193533

蕾が確認出来ました。葉と蕾は、同じ位置から出るとは限りません。葉はバルブの頭から、蕾はバルブの下から出ますので、少し位置がずれる事もあります。

Cp6193383 Cp6193518

ズームしてみました。

Cp6193534 Cp6193539

今年は葉の数が少ない・・。

「葉は狭針形で主脈は白い・・」と書かれています。晩秋に、白い主脈は赤味を帯びて冬を越し、気温の上昇とともに白く戻ります。

Cp6193553

こんな光景を見ると嬉しくなります。無事育って花を咲かせ、子孫を増やしてほしいものです。

Cp7020506 Cp7020505

これは、赤紫色の花を付ける〇〇チドリだと思います。こちらも楽しみです。

※コメントをくださった皆様、恐縮ですが雑用が済むまで少しお待ちください。

« ヤワタソウ | トップページ | シナノショウキラン①(長野県) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
ティランジア・・確かに似ていますね。
これは高山に生えるスギゴケの仲間だと思います。
コハクランの特徴を教わった時、シュロのような一枚葉と聞きました。
薄暗い林の中で、この一枚の葉で光合成を行っているのですが、枯葉や土砂などで隠れてしまう事があります。
そのために、地中の菌糸からも養分をもらっているそうです。
花を咲かせるのにかなりの養分を使うようで、二年続けて開花する個体は少ないようです。

こんばんは。
最後の画像で 隣に写っている植物が、ティランジア
(パイナップルの仲間で、エアープランツとして売られている植物)に
とてもよく似ていて驚きました。
コハクランの葉は、シュロの木が発芽した葉に似ていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65485705

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ開花する野生ラン:

« ヤワタソウ | トップページ | シナノショウキラン①(長野県) »