他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« エンシュウムヨウラン(富士市) | トップページ | コアツモリソウ① »

カキノハグサ(静岡県)

杉野孝雄先生の「静岡県産希少植物図鑑」によると、「伊豆・東部・中部・西部・北部の記録がある中部と西部の各地にあるが、産量は少ない。」と書かれています。私の住む富士市周辺では、まだ見た事がありません。記述によると、以前は東部にもあったようですが・・。

Aimg_3974 Aimg_3973

花期は、終盤を迎えているようでしたが、運良く花を見る事が出来ました。

Ap6031869 Ap6031866

黄色~橙色の組み合わせが、とても綺麗な花です。

Ap6031893

小さな株が多かったのですが、中には花数の多い見ごたえのある個体もありました。

Ap6031895 Ap6031897

橙色の花弁の先端部に、髭のようなものがあります。「房状の付属体」と表現されています。

Ap6031886 Ap6031887

まだ蕾の残っている個体もありました。

Ap6031864k Ap6031871

花も終盤を迎えると、このような色に変化してくるようです。

Ap6031881 Ap6031883

果実を見る事が出来ました。扁平な円形の果実です。

Ap6031861 Ap6032075k

左はカキノハグサ、右は柿の葉と花を撮ってみました。柿の葉に似ているかと問われれば、微妙な感じもします。静岡県産希少植物図鑑には、「葉が披針形のナガバカキノハグサが混生する」と書かれています。一番上の写真が、それに近いのでしょうか?

園芸採取される事も多いようですが、未開花株も含めた個体数は結構確認出来ました。このまま、何時までも残ってほしいと願いながら、自生地を後にしました。

« エンシュウムヨウラン(富士市) | トップページ | コアツモリソウ① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65374661

この記事へのトラックバック一覧です: カキノハグサ(静岡県):

« エンシュウムヨウラン(富士市) | トップページ | コアツモリソウ① »