他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ウマノスズクサ属(京都府立植物園) | トップページ | カラムシとカミキリムシと萌 »

面白い名前の植物(京都府立植物園)

面白い名前の付いた植物を、集めてみました。

【フトモモ】Syzygium jambos

Bimg_4444 Bimg_4447

通りかかった来園者から、笑い声が上がっていました。説明書きを見て、その理由が分かりました。

フトモモ科。原産地は熱帯アジアで、中国名の「蒲桃(プータオ)」が沖縄方言で「フートー」になり、和名の「フトモモ」になったそうです。花には芳香があり、果実はバラのような香りがする事から、Rose appleの英名がつけられていると書かれていました。英名の方が良いかな?

【ソーセージノキ】Kigelia pinnata(Jacq.)DC.

Bimg_4576 Bimg_4577

ノウゼンカズラ科。アフリカ原産で、ソーセージのような果実が生る事から名付けられ、夜行性の蛾やコウモリが花粉を媒介するため、夜に咲くそうです。園内には、夜をイメージしたコーナーがあり、夜咲く花が芳香を競い合っていました。

【ホウガンノキ】Couroupita guianensis Aubl.

Bimg_4430

薄暗い樹下で、この綺麗な葉が名目立っていました。花は受粉しても結実しないものと、受粉して結実するものがあり、前者は、昆虫を呼び寄せる餌となるそうです。

Bimg_4427 Bimg_4434

サガリバナ科。南アフリカ原産の高木。花は、7時頃開花し16時頃までには散ると書かれていました。

Bimg_4425

名前の由来となった砲丸のような果実です。「直径15~20cmくらいで、表面は固く・・」落ちてきたら危険ですね。

【奇想天外】Welwitscia mirabilis Hook.f.

Bimg_4514 Bimg_4515

奇想天外な名前ですね。説明書きによると・・。

「ナミビアからアンゴラ南部にかけてのナミブ砂漠原産。一科一属一種の裸子植物。葉は一対の本葉のみで、終生伸び続けて昆布状となる。雌雄異株。長寿の植物で、自生地では推定樹齢2,000年のものもあるといわれる。」

生きた化石ともいえる植物ですね。

【ホット・リップス(熱い唇)】Psychotria poeppigiana

Bimg_4613

アカネ科。コロンビア、コスタリカなどの中南米などの熱帯雨林に自生し、開花時期が近づくと、このように苞が変色するそうです。

浮島ヶ原自然公園に春を告げる、ノウルシと同じですね。

Bp6082677 Bp6082680

この小さいのが花で、花粉媒介者はハチドリなどだそうです。

Bp6082681

こんな唇に迫られたら、きっと逃げ出してしまいます。

植物も、名前によって人気者になる事があるようですね。変な名前を付けられた植物は可哀そう・・。植物学者さん、新種には良い名前を付けてあげてください。

« ウマノスズクサ属(京都府立植物園) | トップページ | カラムシとカミキリムシと萌 »

地域文化」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

おばさん、お早うございます。
初めて京都植物園に行きました。
とても見ごたえのある植物園でした。
静岡県にもこういう所が欲しいです。
駅から近いのでおすすめです。

う ふ ふcoldsweats01
思わず自分の太ももを
観察してしまいましたよ
観られたかと思いました
唇は思わずぞっつですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65398613

この記事へのトラックバック一覧です: 面白い名前の植物(京都府立植物園):

« ウマノスズクサ属(京都府立植物園) | トップページ | カラムシとカミキリムシと萌 »