他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キバナノショウキラン | トップページ | 不法投棄パトロールで出会った植物(6月) »

イヌマキに着生する野生ラン

今日は、今月最後の不法投棄パトロールを行いました。林道主体でしたが、相変わらずポイ捨ては無くなりません。幼少からの教育が大切だと思っています。

イヌマキの木に着生させた、ヨウラクランが開花したので、撮ってみました。このヨウラクランは、自宅の八重枝垂れ桜に着生していたものを、見やすいイヌマキに移植したものです。

Ap6280178 Ap6280176

イヌマキの先住民は、富貴蘭(フウランの葉芸品)です。当初はもっと離れていたのですが、お互い増えてくっつき合っています。

Ap6280139 Ap6280227 Ap6280235

ヨウラクランの花です。花茎の元の方から咲く花が多い中で、この野生ランは先端部から咲き出します。垂れ下がる花径と関係があるのでしょうか?面白いですね。

Ap6280181 Ap6280180

とっても小さな花で、デジイチ+マクロレンズでは、トリミングしないと花の形が分かりません。接写が得意なコンデジでも、デジタルズーム併用でやっとこのくらいです。

Ap6280161 Ap6280155

こちらはムギランと仲良しにしています。ムギランは、鎮守の森に落ちていたのを、拾って来ました。毎年新しいバルブが増えています。

Ap6280140 Ap6290364

父親が鉢植えにしていたセッコクも、この木と相性が良いようです。

右のカヤランは、今春伐採された木に着生していたものを、拾って来ました。拾って来たなんて書くと、潔癖な人は眉を顰めるかもしれませんね。救済ですcoldsweats01

イヌマキが、着生ランと相性の良い木だと知ったのは、周智郡森町にある古民家・・友田家を訪問した時でした。ここで、実生発芽したフウランの子を、初めて見ました。

« キバナノショウキラン | トップページ | 不法投棄パトロールで出会った植物(6月) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65472691

この記事へのトラックバック一覧です: イヌマキに着生する野生ラン:

« キバナノショウキラン | トップページ | 不法投棄パトロールで出会った植物(6月) »