他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 最近出会った野生ランの花(富士市) | トップページ | 十六夜薔薇(裏庭植物園) »

6月半ばの浮島ヶ原自然公園

今日も、炎天下での作業は暑かった!

下界へ降りたついでに、浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。

Aimg_4934_2

私の背丈を超すほど伸びた葦が、木道に迫り出していました。

Aimg_4946_2 Aimg_4940h_2

ハンゲショウは蕾を持ち、白いお化粧をしていました。

Aimg_4919_2 Aimg_4923_2

ナンキンハゼも、蕾が見えていました。樹下には、実生の苗が何本か生えていました。この植物は、紅葉の季節も楽しませてくれます。

右は、葦の裾に纏わりつくように生えているナヨナヨワスレナグサです。我が家にも、実生で代を重ね生き残っています。でも、十年ほど経ちますがあまり増えません。

Ap6133085_2

接写ズームしてみました。

Ap6133135_2 Ap6133113_2

牛の顔のような形の葉は、ミゾソバです。小さな棘があるので、ご用心!

Ap6133134_2 Ap6133132_2

花が咲き始めていました。どれも一つだけ開花・・一気に咲かないのだろうか?蕾のままの方が綺麗かな?

Ap6133205_2

こちらも面白い形の葉です。タデ科イヌタデ属・・イシミカワです。

Ap6133206_2 Ap6133203_2

鍔のようなものを托葉と呼ぶそうです。こちらはミゾソバよりも鋭い棘があります。

Ap6133153_2 Ap6133197_2

クサレダマも、開花間近です。

Ap6133176_2 Ap6133181_2

こちらは、サワトラノオの果実です。今年は、花を見逃してしまいました。

Aimg_4953_2 Ap6133169_2

エゾミソハギの花が、咲き始めていました。

ミソハギとの違いは、①ミソハギの葉の基部は茎を抱かないが、エゾミソハギの葉の基部は茎を抱く。②エゾミソハギは、茎や葉、花序などに短毛がある。・・など。

Ap6133156_2 Ap6133157_2

こちらは、お気に入りのヒメハッカです。葦の間で窮屈そうでした。いつも見ていたところに生えていない・・移植したのだろうか?

最後に、不気味なものを・・。

Ap6133186_2 Ap6133211_2

サワトラノオの葉に集っていたのは、カメムシの仲間でしょうか?右は、センニンソウの蔓に出来た虫こぶのようなものでしょうか?

※記事をアップ寸前で、Internet Explorerが停止してしまい「このWebページに問題があるので、Internet Explorerを開きなおしました」というようなメッセージが出て、記事はパー・・。たまにこういうような事が起こります。Microsoftさんの方に、問題があるのでは?Microsoft Edgeにも問題があるので、いまだにInternet Explorerを使用しています。

« 最近出会った野生ランの花(富士市) | トップページ | 十六夜薔薇(裏庭植物園) »

植物観察」カテゴリの記事

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65411399

この記事へのトラックバック一覧です: 6月半ばの浮島ヶ原自然公園:

« 最近出会った野生ランの花(富士市) | トップページ | 十六夜薔薇(裏庭植物園) »