他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 新エリア探索①(富士) | トップページ | 入笠山の植物 »

新エリア探索②(富士山)

今日も、暑い一日でした。畑の野菜のために、一雨欲しいところです。

Dimg_2778 Dimg_2791

幾つか越えた谷の一つ。厳しい自然環境を物語っています。

Dimg_2630 Dimg_2687

この日は、数えきれないほどの、シロバナエンレイソウとクルマバツクバネソウを見ました。

Dp5190259 Dp5190260

こちらは、もう少しで開花するズダヤクシュです。

Dimg_2750 Dimg_2742

サワギクの葉も姿を現していました。右は、倒木の上で見つけたタラの芽です。大きくなるのを期待して、そのまま残して来ました。

Dp5190308 Dp5190313

左は、樹上に着生するダイモンジソウです。右は、ヤシャビシャクです。いつも見ているヤシャビシャクと違う・・と思われた方がいるかも?実生発芽して一年目は、こんな葉です。

Dp5190295 Dp5190296

ダイモンジソウの鋸歯も個体によって違います。私には、葉を見てミヤマダイモンジソウとの区別が出来ません。葉裏は、赤紫でした。

Dp5190306 Dp5190303

マツノハマンネングサも、姿を現していました。冬には葉が落ち、茎が苔の中に潜んでいます。

Dp5190322k Dp5190317k

左は、マツノハマンネングサの果実殻です。右は、ワチガイソウです。この辺りは、まだ蕾でした。小さな白い花ですが、開花すると案外目立ちます。

新エリア探索・・まだ続きます。

« 新エリア探索①(富士) | トップページ | 入笠山の植物 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65315318

この記事へのトラックバック一覧です: 新エリア探索②(富士山):

« 新エリア探索①(富士) | トップページ | 入笠山の植物 »