他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ミヤマスミレとトウカイスミレ(富士山) | トップページ | 富士山麓で出会った植物② »

富士山麓で出会った植物①

今日は暑くて、真夏のような一日でした。

先月末から今月上旬にかけて、富士山麓で出会った植物を集めてみました。

【タチガシワ】

Ximg_2433 Ximg_2410

ナベワリと共に目覚める面白い植物です。初めて出会った時は、名前も知らないこの花の姿と花色に感動しました。

Xp5081840 Xp5081843

図鑑では「緑褐色」と表現されています。花冠は5裂しています。彼方此方探してみましたが、へそ曲がりの個体はありませんでした。

この植物は、富士山南麓では比較的見る事が出来ますが、隣の山梨県、長野県では、絶滅危惧種Ⅰ類に指定されています。同じくガガイモ科カモメヅル属のイケマは、山梨県でも多く見られるのにどうしてでしょう?

【マイヅルソウ】

◇静岡県にて撮影

Xp5081799 Xp5081800

マイヅルソウも蕾が上がって来ました。日照の悪い所は、開花株が少なくなります。

◇山梨県にて撮影

Xp4300998 Xp4300999

上のマイヅルソウに比べて、葉が細長く花柄や葉に毛が目立ちます。こちらはヒメマイヅルソウでしょうか?

【ヤマトグサ・シロバナエンレイソウ】

Xp5081880 Xp5081848

左はヤマトグサです。撮影してから1週間ほど経ちますから、そろそろ開花しているかも?面白い花は後日・・。

右は、シロバナエンレイソウの変異色かと思えますが、花の終盤になるとこのように内花被片が変色して来ます。やがて内花被片は落ち、子房が膨らんで来ます。

【ヤマエンゴサク】

Xp4140582 Xp4280453

左は少し前の写真ですが・・。左右の葉に注目してください。ヤマエンゴサクは、花色もいろいろですが、葉の形も多様です。

Xp4280455 Xp4280887

赤色の花と青紫の花。このエリアでは、右の花が一番多く見られます。

Xp4280898 Xp4280888

赤い色素の少ない(青っぽい)花と、丸みを帯びた小葉(しょうよう)を撮ってみました。

希少種探索も面白いですが、数を見る事の出来る植物の変異を探すのも楽しいです。

« ミヤマスミレとトウカイスミレ(富士山) | トップページ | 富士山麓で出会った植物② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

とんちゃん、お早うございます。

コメントありがとうございます。
ヤマトグサは、牧野博士が一番最初に名前を付けた植物だそうです。
この辺りには、沢山生えています。
私は、一人歩きが多いため、変わった植物ばかりに目が行って、身近な植物の事をよく知りません。
観察会などに参加すれば、覚えられると思うのですが・・。
でも、身近な植物にも不思議がいっぱいあることを知りました。

とんちゃんの記事、寝覚ノ床・・とても懐かしかったです。

やまぶどうさんのページは新鮮な驚きに満ちているのでとっても楽しみです
えっ~って感動する植物に出会える喜びをいつも味わっています
タチガシワって初めて知りました。
花色からして素敵なんですね
ヤマトグサも知らなかったです
花が咲くのを楽しみにします!!!だらりのかんざしみたいに咲くようですね
ヤマエンゴサクの小葉に目を細められて・・・私も同じように感じます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65267414

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山麓で出会った植物①:

« ミヤマスミレとトウカイスミレ(富士山) | トップページ | 富士山麓で出会った植物② »