他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« イワウチワ(高瀬渓谷) | トップページ | ウワミズザクラ(富士市) »

実生栽培ヤマシャクヤク開花

私の知る自生地では、開花はもう少し先になると思いますが、実生栽培のヤマシャクヤクが開花しましたので掲載します。

自生の株を採取する事はしませんが、種を少し採らせてもらいました。種の採取に関しても、眉を顰める方がいるとは思いますが・・。

Zp4260401 Zp4260399

4月26日・・萼片が捲れ、花弁が開き始めていました。

Zp4280950

4月28日・・開花していました!開花した株は、二つです。

Zp4280939 Zp4280938

第一の株。日が当たると開き、夜には軽く閉じていました。

Zp4280948 Zp4280949

第二の株。この開き切らない、中途半端な感じがこの花の魅力でもあります。

そして・・。

Zp5031389 Zp5031402

5月3日の様子です。どちらも子房が3個です。

Zp5031396

子房の先端を撮ってみました。山渓の図鑑には、「3個のメシベの花柱は少し曲がる」とあります。ベニバナヤマシャクヤクとの区別は、この花柱の曲がり方ですると教わりました。

私はまだ見た事はありませんが、ヤマシャクヤクには紅花や赤い縁取りの花もあるそうです。

Ph_182 Zph_161

こちらが、県外某所の自生地で撮った、ベニバナヤマシャクヤクのメシベの花柱です。同じく山渓の図鑑には「花柱は5個で先が強く巻き込む」とあります。見比べると確かに巻き込んでいますが、素人には微妙な感じがします。

それと、花柱の数は、ヤマシャクヤク、ベニバナヤマシャクヤク共に個体によっていろいろですから、図鑑の個数のうたいは間違っていると思います。

Zp4280978

こちらは、標本用にプラケースへ入れてあったヤマシャクヤクの種が発芽してしまったため、赤玉土を入れて置いたところ、このように葉が出て来ました。この標本は、採取してから2年以上経って発芽する事を実証してくれました。

開花したヤマシャクヤクの種を蒔いたのは、2009年の秋でした。翌春には発芽しなかったため、諦めていました。草取りをしていて、上の写真のような葉に気が付いたのは2011年以降だったと思います。そして、今年は2017年ですから、種を蒔いてから8年の歳月が経った事になります。ヤマシャクヤクは、発芽に2年、開花までに4~5年かかるそうですから、記述に近い年数で開花した事になります。

ところで、発芽した苗は10株近くあったと思います。でも、無事に生育した株は開花株を含めて4~5株です。他の株は、6年の間に枯れてしまいました。とても勢いが良い株でも、翌年姿を現さないでがっかりした覚えがあります。

本来の自生地より、700~1,000mも標高の低い場所では、病虫害のリスクが増大するのかもしれません。カワヅザクラの花が散り始めた頃、葉に斑点のようなものが出て来ました。上の写真でも、その名残が確認出来ます。

« イワウチワ(高瀬渓谷) | トップページ | ウワミズザクラ(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。

植物は、栽培して学ぶ事が多々あります。
図鑑に書かれていない事を知る時もあります。
花を追いかけるだけではつまらないので、種を蒔いて育ててみました。

この苗は、固まって生えていましたが、花を咲かせるまで何とかして育てようと思い、一ヶ所で全滅しないように、離して植え替えました。
今後は、自生地のヤマシャクヤクを見る目も変わると思います。
まだ、この経験を生かす場がありませんが・・。

こんばんは。
ヤマシャクヤクの開花 おめでとうございます。
私が数年前まで所属していたフォーラムでは
 自生している株を採ってはいけないけど
  どうしても欲しいときは、少しだけの種なら・・・・。
 との発言がありましたよ。

白花 清楚でやはり素晴らしいですね!

無事に育つのは 約50%ですか。
 それだって やまぶどうさんの育て方がよかったからでしょう!!!
あまり知識もなく育てたのでは 無事に育つことさえ無理だったのではと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65231037

この記事へのトラックバック一覧です: 実生栽培ヤマシャクヤク開花:

« イワウチワ(高瀬渓谷) | トップページ | ウワミズザクラ(富士市) »