他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ウスバサイシンとフタバアオイ(高瀬渓谷と富士山麓) | トップページ | 実生栽培ヤマシャクヤク開花 »

イワウチワ(高瀬渓谷)

初めてイワウメ科の植物を見たのは、大井川上流部でした。その頃は、渓魚にばかり目が向いていたので、「綺麗な花が咲いている・・」と思いながら通り過ぎました。

私は、高い所や急峻な斜面が苦手なので、この種の植物は近づいて撮る機会が少ないのです。

Cimg_2097 Cimg_2121k

ここ高瀬渓谷でも、急峻な岩場に生えていますが、低木に摑まりながら何とか撮ってみました。

葉裏は、赤褐色でした(右の写真に貼り付け)。

Cp4301180

図鑑には「淡紅色」と表現されていました。綺麗でしょ?紅色と赤色・・図鑑を見ていると、その区別に迷います。

Cp4301172 Cp4301167

虫に齧られたりして傷んだ花が多く、しかも正面から撮り難いので、同じ花の写真ばかりで恐縮です。

Cp4301190

この植物も、まだ蕾が多かったように思います。例年より花が少なく感じたのは、そのせいかもしれません。

Cp4301156 Cp4301161

「淡紅色の花」も、濃い色や薄い色などいろいろです。

Cp4301164 Cp4301129

ピンク系と白花系。中には、純白と思える花もありましたが、接写出来るほど近づけませんでした。

Cimg_1982 Cimg_1992

近くに生えていたこの葉は、ベニバナイチヤクソウかな?フキノトウもまだ残っていました。

例年、この季節か秋に訪れていますが、違う季節にも行ってみたい場所です。

« ウスバサイシンとフタバアオイ(高瀬渓谷と富士山麓) | トップページ | 実生栽培ヤマシャクヤク開花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65226291

この記事へのトラックバック一覧です: イワウチワ(高瀬渓谷):

« ウスバサイシンとフタバアオイ(高瀬渓谷と富士山麓) | トップページ | 実生栽培ヤマシャクヤク開花 »