他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヤツシロラン類栽培実験 | トップページ | 新エリア探索③(富士山) »

釜無ホテイアツモリソウと山野草展

一週間程前になりますが・・。長野県富士見町・・釜無山系入笠山に自生する釜無ホテイアツモリソウの展示会が行われていましたので見て来ました。山野草の写真は、掲載しませんが・・。

Aimg_3083 Aimg_3084

アツモリソウと白花アツモリソウです。

Aimg_3089 Aimg_3087

こちらは、北海道の礼文島に自生するというレブンアツモリソウです。

Aimg_3086 Aimg_3100

そして、こちらが釜無ホテイアツモリソウです。

Aimg_3090 Aimg_3093

一般のアツモリソウに比べて、唇弁(袋状の部分)が付き出しているのと、花色の濃いのが特徴だそうです。この花は特に濃いですね。

Aimg_3097 Aimg_3113

左は中国産アツモリソウと書かれていました。右もそっくりだけど、中国産の表示はありませんでした。

Ap4150678 Ap4150751

こちらは、別のところで撮った中国産ホテイアツモリソウです。唇弁の裏表が入れ替わったような花ですね。

昨年、この地での保護活動の内容を知りました。住民、企業、学校、行政が連携して保護活動を行っており、富士見町ではアツモリソウの保護条例を制定しているそうで、その内容も読ませていただきました。また、企業へ依頼して増殖の共同研究を行い、最終的には昔のように富士見町内でも手軽に見られる普通のお花に戻す事を目指しているとの事でした。

希少植物の保護は、何のために行うのか?最終目標の実現は、かなり困難な事業だと思います。でも、かつての自生地を復活させ、誰でも見る事が出来るようにするという考え方には、とても賛同出来るものがあります。

また、驚かされたことは、アツモリソウを栽培している趣味家たちも、この保護活動に参加している事です。しかも、増殖したアツモリソウを試験的に販売して、その売上金を保護基金にする計画など、他地域の希少植物保護活動とは一線を画していると思います。

いつの日か、官民一体の保護活動が実り、囲いの中や神様の誘いで訪れた場所以外でも、釜無ホテイアツモリソウの花が見られる日の来る事を祈っております。

« ヤツシロラン類栽培実験 | トップページ | 新エリア探索③(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65335449

この記事へのトラックバック一覧です: 釜無ホテイアツモリソウと山野草展:

« ヤツシロラン類栽培実験 | トップページ | 新エリア探索③(富士山) »