他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 富士山麓で出会った植物① | トップページ | オオカメノキの花(富士山麓) »

富士山麓で出会った植物②

続きです。

【アサノハカエデ】

Ximg_2289 Ximg_2286

紅葉するカエデの葉も良いですが、新緑の葉も綺麗です。

Xp5081750 Xp5081747

この辺りには、アサノハカエデが生えています。皴の多い葉ですね。花が咲いていたので撮ってみました。

Xp5081749

「雌花序の基部に一対の葉をつけるが、雄花序の基部にはつかない・・」。一番上が雌花序のようですね。

【ミヤマカタバミ】

Xp5081691

並んで咲いていたので、ミヤマスミレの白花かと思ったら、ミヤマカタバミでした。

Xp5081655 Xp5081656

変種でカントウミヤマカタバミがあり、「葉裏の毛は少ない」と書かれています。多い少ないという区別は、双方を見比べないと分かりませんね。

【セントウソウ】

Xp4280498

彼方此方で見かける白い小さな花・・セントウソウです。山渓では「野に咲く花」に掲載されていますが、標高1,000mを超えるところでも見る事が出来ます。

Xp4280505 Xp4280502

等倍レンズでは、花の構造が分かりません・・。コンデジでマクロズームしてみました。体毛の多い蟻が蜜を吸っていました。

【ミツバコンロンソウ】

Xp5081898 Xp5081899

ナベワリの生える林内で、ポツポツ見かけます。とてもか弱い植物です。

【シロカネソウ】

Xp5081735 Xp5081734

この植物は、かなり長い期間花を見る事が出来ます。ただ、季節が進んで見る花は、小さくか細い印象があります。キンポウゲ科の花は、花弁のような萼片を持ち、その形や数に変異があります。

右は、蜜線状の花弁(黄色い部分)に集る蟻です。似た植物にハコネシロカネソウがありますが、シロカネソウは葉の表面が波うち、頂小葉の先が尖るのに対して、ハコネシロカネソウは、葉の表面が波打たないで、頂小葉の先が細く尖らないなどの違いがあります。

ところで、山渓の図鑑では「シロネソウ」と表現されていますが「シロネソウ」に変わったそうです。どうして紛らわしい事をするのでしょう?「山は白銀(しろがね) 朝日を浴びて ・・」の印象が強くて・・。

【ツルニンジン】

Xp5081793 Xp5081952

左の状態を見てツルニンジン(ジイソブ)と分かる方は少ないと思います。右は同じ頃、標高の低い丸火自然公園で撮ったものです。特にヒメツルニンジン(バアソブ)は、芽出しの頃、葉や茎に短毛が多く、別の植物のような印象を受けます。

※今日は、夕方から夜にかけて用事があるため、時間指定で早めにアップします。

« 富士山麓で出会った植物① | トップページ | オオカメノキの花(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65268473

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山麓で出会った植物②:

« 富士山麓で出会った植物① | トップページ | オオカメノキの花(富士山麓) »