他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヤマウツボ(富士山) | トップページ | ショウジョウバカマ(高瀬渓谷) »

イチヨウランとの再会(富士山)

亜高山帯の針葉樹林に生える、イチヨウランに会って来ました。

Bimg_1691 Bimg_1693

山菜取りにはまだ早いし、この辺りを歩くのは私くらいかな?でも、この季節が、イチヨウランを探すのに向いているんです。それは、他の下草が伸びていないからです。

Bimg_1710

この日出会った、最初のイチヨウランです。蕾が見えていますね。

Bp4280618 Bp4280620

一度は、シカに食べられたのですが、何とか生き残っているウズラバのイチヨウランです。

Bp4280645 Bp4280697

コケや堆積した針葉樹の葉から顔を出していました。右は二枚葉ではなく、仲良しの二株です。二枚葉のイチヨウランにはまだ出会ったことがありません。もしあればニヨウラン(二葉蘭)ですね。

Bp4280734

フジノマンネングサでしょうか?イチヨウランの葉を、シカの食害から守ってくれています。

Bp4280624 Bp4280641k

蕾の付いた株を、幾つか確認しました。開花が楽しみですが・・。

右の写真に貼り付けた虫は、近くに生えていたトウヒの葉に集っていました。昨年、コハクランの茎に集っていた虫とそっくりです。葉の穴は、この虫の仕業なのかも?

【昨年4月30日撮影】

B036k B012

昨年の今頃の蕾の様子です。左が一番遅いくらいでした。今年は、イチヨウランも遅れているようです。

【ヒノキ林のイチヨウラン】

Bp3080560 Bp4250316

ここは、本来の自生地より標高1,000mくらい低いヒノキ林です。例年なら開花しているはずでしたが・・。

初めて見た時、この場所には3株生えていました。でも、昨年、一株シカに食べられ今年は二枚の葉しか出て来ませんでした。左が、3月8日に見た葉の様子です。右の株には蕾が付いていました。

ところが、4月25日に開花の確認に行ったところ右の写真の葉が一枚あっただけでした。よりによって、この小さな葉を食べなくても良いものを・・。とても残念ですweep

イチヨウランは、厳しい自然環境はもちろん、シカや虫、そして悪い小父さんなど、幾多の敵から身を守り花を咲かせているのですね。

« ヤマウツボ(富士山) | トップページ | ショウジョウバカマ(高瀬渓谷) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65213243

この記事へのトラックバック一覧です: イチヨウランとの再会(富士山):

« ヤマウツボ(富士山) | トップページ | ショウジョウバカマ(高瀬渓谷) »