他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 三種類の着生ラン | トップページ | 我が家のスミレ »

カテンソウとクモラン(浜松市天竜区)

土・日の何れか、趣味の野菜畑の草取りを予定していたのですが、雨降りになってしまいました。今日は、遠州方面の雨が上がるとの予報でしたので、案内状を頂いていた春野のすみれ展に行って来ました。

その帰り道、渋い顔をしている運転手にゴマをすり、植物観察するために道路脇で車を止めてもらいました。

【カテンソウ(花点草)】

Aimg_0842 Ap4090679

足元に、カテンソウの花が沢山咲いていました。雌雄同株ですが、雌花は葉の付け根に付きます。写真で確認出来るのはみんな雄花です。雌花を撮ろうとしたのですが、別のものに目が行ってしまい、忘れてしまいましたcoldsweats01

視線の先に見えたのは・・。

【クモラン】

Aimg_0788 Aimg_0828

梅の木に着生したクモランでした。ブログ記事に掲載した翌日に、別の場所でまた出会えるとは・・。

それにしても、凄い株数でした。

Ap4090673 Ap4090670

上段と同じものを、コンデジで撮ってみました。

Ap4090652 Ap4090627

こちらにも、不気味なくらい着生していました。

Ap4090637 Ap4090656

凄いでしょ?雨に濡れた後なので、根の緑が鮮やかでした。

Ap4090629k Ap4090672

同じような写真ばかりで恐縮ですが・・。樹皮に密着している株と、更にその上に覆いかぶさっている株で盛り上がっていました。数は少なかったのですが、カキにも着生していました。

Ap4090676 Ap4090665

根と弾けた果実を、接写ズームで撮ってみました。専門家の論文によると、クモランは、発芽後、発根するまでに7年ほどかかるそうですから、写真のような状態になるまでは、相当な年月が経過した事と思います。

今迄着生を確認した樹種は、サクラ、ウメ、カキ、そして我が家の針葉樹の盆栽(トウヒの仲間)です。それ以外に、スギの葉の上でも発芽が確認されていると書かれていました。また、樹上を眺め歩く時間が増えそうです。

すみれ展からの帰り道でただ一ヶ所、植物を見ようと車から降りたピンポイントで、こんな出会いがあるとは思ってもみませんでした。野生ランの神様、有難う!

« 三種類の着生ラン | トップページ | 我が家のスミレ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65129171

この記事へのトラックバック一覧です: カテンソウとクモラン(浜松市天竜区):

« 三種類の着生ラン | トップページ | 我が家のスミレ »