他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キバナノアマナ(富士山) | トップページ | 植物達の目覚め①(富士山) »

アズマイチゲ(富士山)

今日は、一日畑の草取りをしました。体中痛い・・。

キバナノアマナを見付けた林で、アズマイチゲの花も数輪咲いていました。場所によっては群生するのですが、この場所では希少種です。

Bimg_1048 Bimg_1050

落ち葉の中に、ひっそりと咲くこの小さな白い花は、センサーを働かせて歩かないと見逃してしまいます。

Bimg_1086 Bimg_1089

こちらにも咲いていました。キンポウゲ科イチリンソウ属です。ニリンソウなどと同じように、花弁のような萼片の数は個体によって変異があります(10枚前後が多いようです)。

Bp4140407 Bp4140454 Bp4140478

葉が垂れたようになっているのも、アズマイチゲの特徴です。図鑑によると「葉柄は無毛の事が多い」と書かれていますが、真ん中の写真を見てください。ここの個体は、毛が生えています。

Bp4140420 Bp4140452

左は葯の状態から終盤を迎えた花で、右はまだ葯が破れて花粉を飛ばす前のようです。

Bp4140473 Bp4140475

この花には、ハナアブの仲間がとまっていましたが、カメラを向けると何処かへ行ってしまいました。甲虫だけ日向ぼっこしているようでした。

Bp4140471 Bp4140469

デジタルズーム併用で・・。虫の名前が分かる方、教えてください。

アズマイチゲは、キクザキイチゲに似ていますが、葯柱の付け根(花弁のような萼片の付け根の部分)が濃紫色です。

比較のために、天子山塊の麓で撮ったキクザキイチゲを掲載します。

Bdsc02173 B133

葯柱の付け根が白いでしょ?葉の切れ込みも違うし、アズマイチゲの様に垂れ下がって(展開して)いません。

この場所に開花株が少ないのは、樹木の葉が展開してからの日照が悪いからかもしれません。キバナノアマナやイチリンソウと同じく・・。でも、群生した場所で見るより、ひっそりと咲くここの花が好きです。

« キバナノアマナ(富士山) | トップページ | 植物達の目覚め①(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65154401

この記事へのトラックバック一覧です: アズマイチゲ(富士山):

« キバナノアマナ(富士山) | トップページ | 植物達の目覚め①(富士山) »