他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヒナスミレ | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »

ツクバネソウとエンレイソウ(富士市)

近くの林に生える、ツクバネソウとエンレイソウを撮ってみました。

【ツクバネソウ】

Ap4250307k Ap4250313

実生発芽率の良い植物のようで、十字手裏剣のような葉が、一面に生えている所があります。開き始めの蕾は、チューリップを連想させますね。萼のような部分は「4個の外花被片で、内花被片は無い」と書かれています。

「オシベは8個、柱頭は4裂する」・・図鑑に書かれた通りです。「葉は、4個輪生し・・」とありますが、変異が多く3個~6個くらいのものが見受けられます。

もっと標高の高い所では、クルマバツクバネソウを見る事が出来ます。

【エンレイソウ】

Aimg_1602 Aimg_1604

GPSを眺めながら歩いていて、いつもと違う道に入ってしまいました。すると、写真のエンレイソウに出会いました(歩きスマホだけでなく歩きGPSも危ないので止めましょう!)。

Iamg_1631 Ap4250372

こちらは、別の場所のエンレイソウと苗です。発芽して間もない頃は、一枚葉なんですね。

エンレイソウは、隣の富士宮市などでは、かなりの株数を見る事が出来ます。でも、私の普段の探索範囲(富士市)では、あまり見る事が出来ない希少種です。

Ap4250362

こちらは、「外花被片が3個で、内花被片は普通無い」とあります。普通?あるものも存在するのかな?まだ見た事は無いけど・・。

Aimg_1605 Ap4250370

長野県高瀬川で出会ったエンレイソウは、葉がもっとふくよかで隣と重なり合っていました。

Ap4250369 Ap4250380

左と右では、外花被片の位置が違いますね。初めて気が付きました。

もう少しすれば、標高の高い所でシロバナエンレイソウの花を見る事が出来ます。こちらは、外花被片(緑)と内花被片(白)があります。エンレイソウと違うところです。

« ヒナスミレ | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »

丸火自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65200894

この記事へのトラックバック一覧です: ツクバネソウとエンレイソウ(富士市):

« ヒナスミレ | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »