他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 期待の星の目覚め | トップページ | コチャルメルソウ »

キンクロハジロ(田子の浦埠頭)

今期は、カモ科にあまり出会っておりません。特に、例年沢山出会えるカルガモが少なく、オオバンがやけに多いような印象を受けます。下界に降りたついでに、田子の浦埠頭に寄ってみました。

Aimg_9420 Aimg_9434

潤井川の河口付近です。富士山は機嫌が悪く、裾しか見えておりませんでした。

Aimg_9423 Aimg_9440

この堰を気に入っています。人も堰も、丸いのが良いですねbleah

Ap1040027 Ap1040026

キンクロハジロがいました!二夫一妻?

暫く待ちましたが、近くに来てくれる気配がありません。遠すぎるので、高倍率のコンデジで撮りました。

Ap1040025 Ap1040024

こちらはメス。

Ap1040021 Ap1040023

こちらはオス。

Ap1040028

画質が悪くなりますが、トリミングしてみました。後頭部に見える寝ぐせみたいな部分を「冠羽(かんう)」と呼ぶそうです。メスは短く、オスの方が長い・・。

キンクロハジロの名前は、どうしてついたのでしょう?山渓の図鑑「野鳥の名前」によると、「は虹彩、は体色、は翼の白帯」・・金黒羽白だそうです。野鳥の名前の付け方って、なんかいい加減な感じがしませんか?

ついでに、虹彩って何だろう?・・眼球の色がついている部分を虹彩(こうさい)、その真ん中にある、通常「黒目」と呼ばれている部分を瞳孔(どうこう)というそうです。浅学なので、図鑑を理解するのも一苦労・・。

« 期待の星の目覚め | トップページ | コチャルメルソウ »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

アウトライダーさん、今晩は。
例年カルガモが一番多い、小潤井川でもオオバンばかりが目立ちました。
他県で雛の調査をしたそうですが、年々数を減らしているようです。
カラスに襲われた卵も、多く見られたと書かれていました。
カルガモは、表情や仕草が可愛いので見られなくなると寂しいですね。

「例年沢山出会えるカルガモが少なく、オオバンがやけに多いような印象を受けます」
まさにその通りですね。あんなにあちこちで見られたカルガモはどこに行ってしまったのでしょうか?
どなたか理由を教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/65027568

この記事へのトラックバック一覧です: キンクロハジロ(田子の浦埠頭):

« 期待の星の目覚め | トップページ | コチャルメルソウ »