他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« セリバオウレン② | トップページ | シナマンサクの花 »

蔓性の植物3種

花ではありませんが・・。

最近、気になった蔓性の植物を集めてみました。

【キジョラン】

Bimg_8645k

静岡市葵区の山間部で見かけたキジョランです。我が家の近くでは、見かける事の少ない植物ですが、この辺りでは比較的見る事が出来ます。

Bimg_8802 Bimg_8806

こちらにも・・。

キジョランは、アサギマダラ(幼虫)の食草です。アルカロイドを含む毒草ですが、幼虫はこの葉を食べ体を毒化して外敵から身を守るそうです。

Bimg_8799k Bimg_8798

手の届くところにもありました。食痕があったため、葉裏を確認してみましたが、アサギマダラの幼虫は見つかりませんでした。

【不明】

Bimg_8717 Bimg_8718

林道からかなり下がったところに生えていたので、ズームカメラで撮ってみました。最初、キジョランかと思ったのですが、良く見ると葉の形や艶が違います。

キジョランと同じく、アサギマダラが食草とするイケマに似ています。でも、富士山麓で見るイケマは、冬に地上部が枯れます(常緑ではありません)。静岡市周辺に多い、フウトウカズラとも違うようだし、これは何でしょう?

B101

こちらは、2014年の7月下旬に、富士山南麓で撮ったイケマの葉にぶら下がるアサギマダラの蛹です。

【キヅタ】

Bimg_8790 Bimg_8791

石垣にキヅタが生えていました。左と右の葉は形が違いますが、どちらも同じキヅタです。

Bp2260697 Bp2260680

これは、我が家の裏庭植物園に生えるキヅタです。まだ果実が残っています。花序の付く枝の葉は、このように細長い形をしています。図鑑では、「倒卵形または楕円形で、分裂しない」と書かれています。

さて、明日は取得資格の講習です。資格を取っても、5年ごとに書き換えや講習があって、お金のかかる事です。居眠りしないようにしなくては!

※今日の記事は、時間指定でアップします。

« セリバオウレン② | トップページ | シナマンサクの花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64948212

この記事へのトラックバック一覧です: 蔓性の植物3種:

« セリバオウレン② | トップページ | シナマンサクの花 »