他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 世界らん展日本大賞2017② | トップページ | ブナとヤドリギ(富士山) »

富士と静岡の蘭

手の届かない蘭に続いて、我が家と義母の家の蘭を掲載します。

【我が家の蘭】

Ap2150079 Ap2150062

ディネマ属・・ポリブルボンに花が咲きました。小さい花ですが、丈夫でランらしい花形を気に入っています。芳香があります。

Ap2150072 Ap2150067

原産地は、メキシコから中米、カリブ海周辺だそうです。右の写真、クワガタの口みたいですね。

Ap2150094

少し下から撮ってみました。

Ap2150084 Ap2150087

こちらは、蕾のようです。デンドロビューム属・・ロディゲシーです。ピンク系の花に唇弁の髭がお気に入りです。自生地は、中国雲南から海南島辺りだそうです。

我が家の蘭は、どれも小型で丈夫な種類ばかりです。高級品は、枯らしてしまうので・・coldsweats01

【義母の家の蘭】

Bp2120021 Bp2120025

シンビジュームが屋外で育ち、蕾を付けていました。山間の我が家では、屋外の冬越しはビニルで覆っても無理です。

Bp2120032 Bp2120033

こちらも屋外栽培です。セロジネの仲間かな?バルブの付け根に、蕾が見えています。

静岡市の町中では、シンビジュームやセロジネが屋外で栽培出来るなんて羨ましいです。義母の家では、パフィオも庇下で花を咲かせていました。驚きです。

« 世界らん展日本大賞2017② | トップページ | ブナとヤドリギ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64897354

この記事へのトラックバック一覧です: 富士と静岡の蘭:

« 世界らん展日本大賞2017② | トップページ | ブナとヤドリギ(富士山) »