他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 粒雪 | トップページ | 安倍川河口の野鳥観察 »

地中に息づく蘭

世界らん展では、見た事の無いランと出会える楽しみがあります。そして、こんなコーナーも興味深いです。

Yimg_8040

特別企画の中で、「地中に息づく蘭」のコーナーを取り上げてみました。

Yimg_8038 Yimg_8041

会場奥の方・・オーロラビジョンの前に、展示ブースがありました。左の写真のパイプで組まれた部分が「光を愛する蘭」で、その隣の怪しげな黒い壁に囲われた部分が「地中に息づく蘭」のコーナーです。

Yimg_8017 Yimg_8016 Yp2100251

2016年に新種として発表された、タブガワムヨウラン(屋久島)とクロシマヤツシロラン(三島村黒島)が展示されていました。右は、ヌカヅキヤツシロラン(三島村竹島)だったかな?

Yimg_8019 Yimg_8010

クロシマヤツシロランとヌカヅキヤツシロランの解説。この発見者は、同じ三島村の竹島でタケシマヤツシロランも発見・新種登録しています。鹿児島県は、珍しい植物の宝庫のようですね

それにしても、光合成をしない上に花を咲かせない植物ナンテ・・とんでもない怠け者ですねbleah

Yimg_8013 Yimg_8018

こちらは、静岡県でも見る事の出来るツチアケビの標本です。地中の部分を撮りたかったのですが、来客が多くて撮り損ねました。

熱心な研究者には、訪ね来るファンが多く、とても忙しそうでした。

Yqpp9113362 Yottp7243824

これは、私が撮ったツチアケビの地下茎と花です。ツチアケビは、果実が生った翌年には、地上に出てこない場合が多く、同じ場所で5年後に再会した事があります。地下茎に養分を蓄えるのに、数年かかるのかもしれません。

Yp2100249 Yimg_8020

そして、こちらはオニノヤガラの芽(花径)です。展示に合わせて発芽させたそうです。師匠も発芽させていましたよ。

右の塊茎を見て驚きました(ピントが容器の縁に合ってしまいましたが・・)。なんと、おにぎりくらいの大きさがありました。花を咲かせた翌年に、同じ場所で見る事はありませんでした。オニクのように、花を咲かせると枯れてしまう・・一稔性(一回結実性)なのかと思っていました。

でも、こんなに大きな塊茎なら、少し養分を補給してまた出てくるのかもしれません。

Yoap7102562

オニノヤガラの花です。少し緑がかって綺麗でしょ?

ツチアケビ、オニノヤガラ共に、ナラタケなどから養分をもらって成長するそうです。キノコを食べて生きる植物・・面白いですね。東京ドームに行ったら、少し怪しげなこのコーナーを覗いてみてください。

« 粒雪 | トップページ | 安倍川河口の野鳥観察 »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
趣味の園芸を見忘れました。
BSプレミアムは、録画してもらったので見ましたが・・。
東京は人が多く、ウィルスを拾ってくるかもしれないので、マスクをしていきましたよ。
もっとゆっくり見たかったのですが、内覧できたのは17時頃なので、帰りの電車の時間に合わせて早めに引き上げました。

おはようございます。
日曜日の趣味の園芸で世界ラン展を紹介していました。
インフルエンザの心配が無ければ是非行きたいのですが。
「どうしていつもこの時期なのかしら?」と、いつも残念で指をくわえながらテレビで我慢しています^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64884821

この記事へのトラックバック一覧です: 地中に息づく蘭:

« 粒雪 | トップページ | 安倍川河口の野鳥観察 »