他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« セリバオウレン① | トップページ | 蔓性の植物3種 »

セリバオウレン②

セリバオウレンは、雌雄異株だそうです。

山渓の図鑑には、「雄花には雄蕊が多く、雌花には雌蕊が多い。」と書かれています。また、①雄花は花弁状の萼片が5個、雄蕊が多い。葯は白色。②雌花は紫色を帯び、花弁状の萼片が5個、へら状の花弁と雌蕊は共に10個ほど。花柄などが紫褐色を帯びる。・・とあります。

山渓の図鑑に従い、雄花と雌花を区別してみました。メシベが10個に満たないものは、諸先輩のWebページなどを参考に、両性花としました。

Ap2260443

この花には、メシベが見えません。葯も白く、雄花のようです。

Ap2260469

こちらも・・。

Ap2260511 Ap2260527

開花が進み、葯柱が伸びた雄花です。

Ap2260519 Ap2260517

左はオシベだけで、右はメシベが少し見えています。葯が白色ではありませんが、左は雄花で、右はメシベが10個に満たないから、両性花という事でしょうか?

Ap2260512 Ap2260475

左は両性花で、右はメシベが10個以上ありますから雌花。

Ap2260515 Ap2260506

左は開き始めですが、メシベが丁度10個ありますから雌花。右はメシベが20個を超えていますから、こちらも雌花。

ところで、右の花には「へら状で小さい花弁」が見えません。開花が進み、落下してしまったのでしょうか?しかも、右も左も雌花の特徴として書かれた「紫色」を帯びていません。

雄花と雌花の区別はこれで良いのでしょうか?また、「雌花は、花柄などが紫褐色を帯びる」というのも、この場所で観察した上では疑問です。ご存知の方教えてください。

« セリバオウレン① | トップページ | 蔓性の植物3種 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64945513

この記事へのトラックバック一覧です: セリバオウレン②:

« セリバオウレン① | トップページ | 蔓性の植物3種 »