他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« フユイチゴとイヌガヤ・カヤ・モミ | トップページ | 風力発電システム(静岡市) »

トビ(安倍川河口)

今日も穏やかな一日でした。

家族と一緒に、義母の家(静岡)へ行って来ました。私だけ安倍川河口で降り、野鳥観察などしてから歩いて義母の家に向かいました。思ったよりずっと距離があり、とても疲れましたsad。山歩きより平らな道の方が疲れます!

野鳥観察(その1)です。

Aimg_6261 Aimg_6052

頭上を旋回している猛禽類・・翼の下面に白い部分が見えます。トビの特徴です。

Aimg_6215 Aimg_6216 Aimg_6218

羽ばたきの後は、羽を水平に広げてグライダーのように飛んでいました。

Aimg_6065a

頭上にやって来ました。翼の先端部の長い羽(初列風切と呼ぶそうです)が6本あります。これもトビの特徴で、良く似たノスリは、5本です。

Aimg_6092 Aimg_6095

「初列風切りの外側6枚は、羽先が黒褐色で基部は白い」と書かれています。

Aimg_6097 Aimg_6100

猛禽類の飛ぶ姿は、格好良いですね。開いた尾羽が、円弧状ではなくバチのような形をしているのも、トビの特徴だそうです。

ここまでは、TAMRON 16-300mm  F3.5-6.3 MACROで撮りました。もっと良いレンズが欲しいけど、宝くじが外れたので購入不可となりました。

高倍率のコンデジで・・。

Ap1030382 Ap1030381

ハシブトガラスとトビが同じ木にとまっていました。右は睨み合いをしている所です。

富士山麓では、トビがハシブトガラスの群れに追われているのを見た事があります。猛禽類を追いかけるなんて、カラスは気が強い鳥なんですね。

野鳥の図鑑を見ていても、似たものが多くて迷ってばかりです。植物と同じく、少しずつ覚えて行こうと思っています。間違っていたら教えてください。

« フユイチゴとイヌガヤ・カヤ・モミ | トップページ | 風力発電システム(静岡市) »

生き物観察」カテゴリの記事

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

雪ん子さん、お早うございます。

本気で戦ったらトビの方が強いと思うのですが、カラスは群れでいると好戦的になるのかもしれませんね。

カメラは、直江兼続役の妻夫木聡さんが宣伝していたEOS70Dです。
野鳥を撮る人は、もっと上位機種のフルサイズセンサーのデジイチと、数十万円から百万円を超すような超望遠レンズを使っているようです。
私のレンズは、これ一本でマクロから望遠まで撮れる上に、広角端16㎜なので、景色など広い範囲が写ってとても便利です。
望遠時の画質がかなり悪いのが難点ですが、ブログ用ならこれでも良いと思って使っています。

宝くじが当たれば、腕が疲れるようなカメラとレンズを買いたいと思います。
ずっと無理かな・・。

おはようございます。
飛んでいるのに良く撮れていますねぇ(スゴイ!)
腕が良いのでしょうか?それともカメラ?

カラスに追われているトンビ、こちらでも良く見られますよ
ほぼ100%トンビが逃げます、トンビが弱いのか?
それとも大人の対応?なのか・・・coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64720261

この記事へのトラックバック一覧です: トビ(安倍川河口):

« フユイチゴとイヌガヤ・カヤ・モミ | トップページ | 風力発電システム(静岡市) »