他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« どんどん焼きと厄除け祈願 | トップページ | アオサギとカルガモ(三日市浅間神社) »

浅間神社の大樟とマツバラン

厄除けに行った三日市浅間神社で、大樟とマツバランを見て来ました。

Bp1030561 Bp1030562

ご神木の大樟は、県指定の天然記念物で、樹齢1,200年以上とされています。

Bp1030567

この大樟には、シダ植物のマツバランが沢山着生しています。

Bp1030588 Bp1030576

後ろ側の様子とマツバランです。

Bp1030566 Bp1030570

マツバランは、茎だけで根も葉も持たない古典的な植物だそうです。左は古くなった茎のようで、黄色くなっています。右は胞子嚢を付けた茎です。

Bp1030572 Bp1030574

若いマツバランと、樹木全体に繁殖しているマメヅタです。

マメヅタは、樹木全体に繁殖しており、胞子葉に付く胞子嚢が確認出来ます。マツバランは、この樟でも限られた範囲にしかなく、他の樟には着生が見られません。菌類と共生して養分をもらっているそうですから、結構気難しい植物のようです。

« どんどん焼きと厄除け祈願 | トップページ | アオサギとカルガモ(三日市浅間神社) »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64771538

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間神社の大樟とマツバラン:

« どんどん焼きと厄除け祈願 | トップページ | アオサギとカルガモ(三日市浅間神社) »