他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 近くに生える野生ラン | トップページ | トビ(安倍川河口) »

フユイチゴとイヌガヤ・カヤ・モミ

近くの山林散歩の続きです。

【フユイチゴ】

Bp1020089

スギやヒノキの林床で、良く見かけるフユイチゴです。沢山生えていて、案外美味しいイチゴです。

【イヌガヤとカヤ】

Bimg_5946 Bimg_5954

イヌガヤとカヤを見付けましたので、比べて見ました。左がイヌガヤです。次のような違いに気が付きます。

①触ってみると、イヌガヤに比べてカヤの葉は固くて棘が痛い。

②イヌガヤの葉の方が長く、カヤの葉の方が艶がある。

Bp1020105 Bp1020103

葉表:左がイヌガヤ、右がカヤです。カヤの葉は左右180度くらいなのに、イヌガヤは90度くらいです。両方とも先端が鋭く尖っています。

Bp1020106 Bp1020101

葉裏:イヌガヤの気孔帯(白い部分)は面状ですが、カヤの気孔帯は線状に見えます。

Bp1020110 Bp1020107

横顔:イヌガヤは葉表が谷状、カヤは葉裏が谷状です(裏表の反り方が違う)。

【モミ】

Bp1020151

ついでに、父親が裏庭に植えたモミも観察してみました。

イヌガヤやカヤの葉は、枝に対して左右対称に付きますが、モミは螺旋状に付いています。また、吸盤のような部分が確認出来ます。

Bp1020159 Bp1020155

葉の先端部を見ると、鋭く2裂しています。

富士山麓で見るウラジロモミも2裂しますが、良く見ないと分からないくらいです。また葉裏の気孔帯がモミより白くて目立ちます。それで裏白樅(ウラジロモミ)・・。

忘れる事の方が多いけど、少しずつ学んでいくのは楽しいものです。もっと若い頃、その気になれば良かったのですが・・。

※記事に間違いがあったら教えてください。

« 近くに生える野生ラン | トップページ | トビ(安倍川河口) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
このフユイチゴは、野鳥に種が運ばれて、我が家の庭にも生えています。
とても勢いが良く、延長防止が大変です。

私も同じく、昔の事が思い出されます。
周囲の環境もかなり変わりました。
昔なら出来た事を、やり残した後悔も今頃になって湧いてきます。

こんばんは。
美味しそうなフユイチゴ 子供の頃(季節は忘れましたが)野山で摘み取ったイチゴに似ています。
最近は先祖返り(?)したようで、子供の頃が非常に懐かしく
 あの頃に戻りたいと熱望しています^^;;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64714801

この記事へのトラックバック一覧です: フユイチゴとイヌガヤ・カヤ・モミ:

« 近くに生える野生ラン | トップページ | トビ(安倍川河口) »