他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ふじのくに田子の浦みなと公園(富士市) | トップページ | 田子の浦港の野鳥① »

冬の亀(由比本陣公園)

家族の用事で由比へ行った時、「由比本陣公園」へ寄ってみました。そこの水路(馬の水飲み場)に、カメがいたので撮ってみました。

Aimg_7502k

二匹のカメが、甲羅干ししていました。暫く眺めていましたが、動きません。

Aimg_7503 Aimg_7504

「これ、作り物?」「それにしてはリアルすぎる。でも、動かない・・。」

Aimg_7508

痺れを切らして日光を遮ってやったら、少しだけ動きました。

帰りがけに水路を覗くと・・。

Aimg_7596 Aimg_7597

「あっ、いっぱいいる!」

何処から出て来たのでしょう?カメって冬眠しないんだ・・。

Aimg_7588 Aimg_7592

顔だけ出しているカメと、仲良しのカメです。

Aimg_7594

こちらは、甲羅の色が違う・・。種類が違うのだろうか?

オマケで、以前撮った写真ですが・・。

Aimg_7752

面白いでしょ?富士市の丸火自然公園にある池で撮りました。

これらのカメは、日本の在来種ではなくミシシッピアカミミガメだそうです。外来生物法で、要注意外来生物に指定されています。

こうして見ると、癒される生き物ですが、国立環境研究所のデーターベースによると下記のような影響が懸念されるそうです。

【影響を受ける在来生物】競合及び卵の捕食にさらされる在来淡水カメ類,及び食物となるさまざまな水動植物が影響を受ける。
【農業被害】観賞用ハス、ジュンサイ、ヒシの食害

他の生き物もそうですが、最後まで飼う自信と覚悟がないなら、安易に手を出さない事ですね。

« ふじのくに田子の浦みなと公園(富士市) | トップページ | 田子の浦港の野鳥① »

史跡探訪」カテゴリの記事

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
そうですね。
山野を歩いていると、野良猫や野良犬に出会う事があります。
汚れてやせ細った姿を見ると、やるせない気持ちになります。

こんばんは。
人間って、勝手で飽きやすい(人のこと言えた義理ではありませんが)
動物も植物も 周りに害を及ぼす育て方をしてはいけませんよね。
すべてに最後まで責任を取れる育て方をしてほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64808724

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の亀(由比本陣公園):

« ふじのくに田子の浦みなと公園(富士市) | トップページ | 田子の浦港の野鳥① »