他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« オシャグジデンダ(富士山) | トップページ | 樹上の居候(富士山) »

盆栽に着生したクモラン

庭木の剪定は、立ち馬や脚立に登るため結構疲れます。場合によっては、木に登って枝切をするので、年寄には辛いです。疲れた時には、椅子に座り父親が残した盆栽の剪定をしています。これはこれで大変ですが・・。

寄せ植えの針葉樹を剪定していると・・。

Aokpc090700

「あれっ、なんだこれ!」

Aokpc090671 Aokpc090687

カヤランかと思ったけど、根が太い・・。

Aokpc090685_2 Aokpc090675

枝を裏返して見ると、果実が付いていました。「クモランだ!」

Aokpc090698 Aokpc090694

果実は、左の様に枝の下にぶら下がっていました。

この盆栽を剪定したのは数年前・・その時には気付きませんでした。こんな細枝で、良く発芽し成長したものだと思います。種は何処から飛んで来たのだろう?近くに、着生している木があるかもしれない・・。裏庭植物園の樹木を剪定しながら探してみよう!

クモランは、環境省、静岡県とも絶滅危惧種に指定されておりませんが、指定されている県が沢山あります。

« オシャグジデンダ(富士山) | トップページ | 樹上の居候(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

うーさん、今日は!
地面や樹木に着生した苔の中の様に、菌糸が繁殖しやすいと思える場所ならまだしも、この枝はずっと細いのでとても不思議です。
いずれにしても、近くに本家があるのではないかと思います。

近所の家の梅の木には、カヤランが着生しているそうです。
我が家の枝垂れ桜には、ヨウラクランが着生しています。
身近なところでも、いろいろな野生ランに出会えるかもしれませんね。

こんにちは

この寄せ植えの盆栽の枝には、クモランと
共生する細菌が棲んでいたのでしょうか?
種が何処から飛んできたか特定出来れば
良いですね。

終の住処の梅の古木に着生していないか?
今のところ、着生していません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64603532

この記事へのトラックバック一覧です: 盆栽に着生したクモラン:

« オシャグジデンダ(富士山) | トップページ | 樹上の居候(富士山) »