他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 今日の富士山 | トップページ | 小潤井川の野鳥(十二月中旬) »

竪穴式住居(富士山)

富士山の林内を探索していて、気になるものを見付けました。

Rimg_5319

あまり人の歩かない遊歩道の入り口です。いつもと違和感があると思ったら、枯れ枝で道が塞がれていました。

Rimg_5302

溶岩の上に生えるヒノキを見ながら、先へ進みます。植林されたヒノキに比べて根元に逞しさを感じます。

Rimg_5273 Rimg_5274

苔に覆われた、岩や木の根っこです。小動物のようでしょ?

Rimg_5267 Rimg_5263

倒木に生えていたのは、ハイゴケとシラガゴケかな?

青緑色のペンキを塗ったような木片を良く見かけます。ロクショウグサレキンやロクショウグサレキンモドキなどの菌類の仕業のようですが・・。

Rimg_5182 Rimg_5014

ブナやオオイタヤメイゲツ、ハリギリの葉などを踏みしめながら歩きます。

すると・・。

Rimg_5232 Rimg_5241

急に林床が綺麗になりました。「枯れ枝が落ちていない・・。」

右を見ると、小屋のようなものがあります。

Rimg_5237 Rimg_5225

正面と側面から撮ってみました。枯れ枝で作った竪穴式住居のようです。

一人で作るにはかなりな手間だと思いますから、何処かの団体さんが作ったのでしょう。遊歩道入り口の枯れ枝バリケードも、その団体さんの仕業かな?遊歩道を塞ぐのはいけませんね。

« 今日の富士山 | トップページ | 小潤井川の野鳥(十二月中旬) »

史跡探訪」カテゴリの記事

呟き日記」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64638770

この記事へのトラックバック一覧です: 竪穴式住居(富士山):

« 今日の富士山 | トップページ | 小潤井川の野鳥(十二月中旬) »