他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 盆栽に着生したクモラン | トップページ | 気になる木(富士山) »

樹上の居候(富士山)

今日も一日中、庭の植物の手入れをしました。腰が痛い!

オシャグジデンダを沢山見つけたエリアで、樹上の居候を観察してみました。

Bjimg_5282

我が家の周りではまだですが、富士山の林内では霜柱が立っていて、場所によっては地面が堅くなっていました。次回探索では、スタッドレスに交換していかなくては・・。

Bjimg_5036 Bjimg_5057

樹上の居候・・一番手は、ダイモンジソウのドライフラワーです。果実の数から、花の時期の見事さが連想されます。

Bjimg_5262 Bjimg_5151

こちらにも・・。右には、オシャグジデンダとダイモンジソウが見えます。

Bjimg_5077 Bjimg_5188

左は、ヤシャビシャクだと思います。ヤシャビシャクは、環境省RDBで準絶滅危惧種(NT)、静岡県では絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。右は、サルオガセノ仲間でしょうか?

Bjpc080573 Bjpc080651

マツノハマンネングサの葉が残っていました。

Bjpc080657 Bjpc080660

左は果実です。以前、少し採取して盆栽の鉢に蒔いてみました。ちゃんと発芽して、まだ生き残っています。もう少し経つと、右の葉と茎(地上部)は枯れ、休眠すると思います。

マツノハマンネングサは、環境省、静岡県ともに絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。

Bjimg_5212 Bjimg_5201

左は、イワギボウシとも違うようだし、何のドライフラワーだろう?そして、右の写真のドライフラワーは、このエリアでは初見のアオベンケイではないだろうか?

下の方を見ると・・。

Bjpc080648 Bjpc080647

やっぱりアオベンケイでした。

私の探索エリアでは、マツノハマンネングサよりも、アオベンケイの方がずっと希少種です。こちらはGPS登録しました。

« 盆栽に着生したクモラン | トップページ | 気になる木(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64607841

この記事へのトラックバック一覧です: 樹上の居候(富士山):

« 盆栽に着生したクモラン | トップページ | 気になる木(富士山) »