他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヒノキ科ヒノキ属とアスナロ属 | トップページ | アシタバ(裏庭植物園) »

ロウバイ

今日は、予報通り午後から雨が降って来ました。富士山は、更に白くなっているかな?

裏庭植物園のロウバイを撮ってみました。

Arimg_5354 Arimg_5359

葉が黄色くなり、少しずつ落ち始めています。近づいて見ると、蕾が沢山付いていて良い香りが楽しめそうです。

花を探すと・・。

Arimg_5357 Arpc130022

咲き始めがありました!でも、まだ二つしか確認出来ません。

Arpc130013

樹木図鑑には「花は早春に咲く」と書かれており、開花期は1~2月となっています。でも、我が家では、毎年今頃から開花し始めます。

Arpc130014 Arpc130017

花被片が螺旋状に付く複弁花です。右の写真・・中にクモが潜んでいます。

Arpc130030 Arpc130034

蝋のような質感の花・・この写真では、ピンボケで良く分かりませんねcoldsweats01。ちょっと透明感のある花です。

Arimg_5361

幹の様子です。図鑑では「樹皮の色は、茶褐色」と表現されていました。根元からも枝分かれして、成長の早い植物です。剪定するのが大変・・。

ロウバイ科ロウバイ属。中国原産で、江戸時代に渡来したそうです。

« ヒノキ科ヒノキ属とアスナロ属 | トップページ | アシタバ(裏庭植物園) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
最近では新しい年を迎えるたび、残りを考えてしまいます。
ロウバイの香りで、季節を感じる事が出来ますね。
こちらも少しずつ寒くなってきました。
クリの葉も落ち、もう少しで掃除が楽になります。

雪ん子さん、今晩は。
ロウバイはとてもいい香りがしますね。
花心が褐色の花が一般的らしいのですが、我が家の花はこの素心ロウバイだけ3ヶ所に植えてあります。
挿し木でもつくそうですので、来年試してみようと思います。

こんばんは。
我が家のロウバイも2/3ほど葉を落として
 数輪咲き出しています。
咲いている数が少ないので、「辺りに香りを漂わせる」
と言うところまでは、いっていませんが。
ロウバイが咲き出すと、また直ぐ新年がやって来て
 歳が増える・・・・・(><)

おはようございます m(_ _)m
ロウバイが咲き始めましたか・・・この花が咲き出すといよいよ冬本番?
私、初めてロウバイにあったのは、長野市街地で仕事中(測量)でした。
私の立っていた場所付近でいい香りがして・・・何のニオイ?
キョロキョロ・・・雪をかぶった木にクリーム色?の梅に似た花・・・
本当に不思議な質感の花だと思いました。
まだ名前も知らなかったので、調べたらロウバイとわかり
あの質感はまさに名前の通りだな~と思いましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64620953

この記事へのトラックバック一覧です: ロウバイ:

« ヒノキ科ヒノキ属とアスナロ属 | トップページ | アシタバ(裏庭植物園) »