他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ホシアサガオ | トップページ | 十月桜(裏庭植物園) »

マツバラン(富士市)

今日、帰りがけに客先へ立ち寄りました。そこは、私が初めてマツバランと出会った場所です。

Ampb090966

この木に着生しています。

Ampb090986 Ampb090960

「根も葉もない」植物だそうです。地上部に見えるのは、「茎」と書かれていました。右には胞子嚢が見えています。

Ampb090963

拡大してみました。まだ緑ですが、熟すと黄色くなるそうです。

Ampb090982 Ampb090983

先端部の黄色くなった株も見受けられました。

Ampb090985 Ampb090978

これは、黄色の斑と考えて良いのでしょうか?別の場所で、楠に着生している株は、茎が長く枝垂れたようになっていました。いろいろな個性を持った植物のようです。

Ampb090964 Amimg_3163

ミノムシを発見!最近あまり見かけなくなりました。

右は「生命の星・地球博物館」で見かけた展示です。4億年前くらいに登場した最初の陸上植物が、古生マツバラン類のリニアやプシロフィトンだと書かれています。右の絵は、プシロフィトンで、現生のマツバランと似た特徴を持っていたそうです。

« ホシアサガオ | トップページ | 十月桜(裏庭植物園) »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64466717

この記事へのトラックバック一覧です: マツバラン(富士市):

« ホシアサガオ | トップページ | 十月桜(裏庭植物園) »