他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 6舌状花のハキダメギク | トップページ | ホシアサガオ »

マツバウンランの花(11月)

隣の空き地に、マツバウンランの花が咲いていました。通常の開花時期は、4~6月頃です。

Acpb060891

こうして見ると、案外綺麗な花です。

Acpb060880 Acpb060907

この場所の花は、穂先に固まって咲く奇花(この呼び方が正しいのか分かりませんが・・)が目立ちました。

Acpb060906

押しつぶしたような平たい茎の株も、数本生えていました。

Acpb060909 Acpb060914

名前の由来の松葉のような葉も普通と違う・・。他の場所で、こんなに奇花を見た事はありません。どうしてここには多いのだろう?

マツバウンランは、オオバコ科マツバウンラン属の一年草、或いは二年草と書かれていました。北アメリカ原産の帰化植物だそうです。外来種で生き残る植物は、どれも繁殖力が旺盛ですね。

« 6舌状花のハキダメギク | トップページ | ホシアサガオ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64458171

この記事へのトラックバック一覧です: マツバウンランの花(11月):

« 6舌状花のハキダメギク | トップページ | ホシアサガオ »