他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 裏庭植物園の果実 | トップページ | オナモミ属の果実 »

頭巾蘭(プテロスティリス・オブツサ)

今日の早出仕事も、無事終わりました。萌は、いつもよりの早い朝散歩に戸惑っていましたよ。

今年も、もこままさんから頂いた頭巾蘭(プテロスティリス)の花が咲きました。

Oopa121239 Oopa121233

触角のようなものが付いていて昆虫のようですね。面白い形の花でしょ?触角のようなものは、側萼片だそうです。

Oopa121219 Oopa121222 Oopa121225

今年は二本咲きました。でも、一本は虫に食べられてしまいましたweep。残念・・。

Oopa121240 Oopa121243

プテロスティリス・オブツサ(Pterostylis obtusa) ・・和名を頭巾蘭と呼び、オーストラリア原産だそうです。

山間の我が家でも、冬は室内に取り込むだけで特別に加温しなくても育ちます。何年振りかで植え替えをしましたが、東洋ランの素焼き鉢の底下面に、幾つかの塊茎がへばりついていました。深植えしたつもりはないのですが・・。実生発芽したものだろうか?

« 裏庭植物園の果実 | トップページ | オナモミ属の果実 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
有難うございます。
丈夫で変わった形の花を咲かせてくれるので、とても気に入っています。
もう一種類も、白く透明の花を昨年見る事が出来ました。
来年は、久々に東京ドームの蘭展に行ってみようと思っています。
実行委員会のスタッフさんで、ある野生ランの事でメールのやり取りをした人にも会いたいので・・。

こんばんは。 我が家でも咲き出しましたよ^^
プテロスティリスの球根は潜る性質があるようですね。
植え替え時に鉢を空けると 鉢の側面や底面に張り付いていることがよくあります。
繁殖力も旺盛で うっかりすると見逃しそうなくらい小さな球根も見つかり
新しい用土に換えることが出来なくて 同じ土に腐葉土を足して植え替えしています。
 (入手した翌年に 球根を見失い でも諦められずその後2年間同じ土で様子を見ていたら
  無事育っていてほっとしたものです)
今では1鉢にたくさんの球根を詰め込んでいて可哀相なくらいですが
(><)
お入りようでしたら来春にでも(葉が枯れてから)お送りできますのでお知らせ下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64363480

この記事へのトラックバック一覧です: 頭巾蘭(プテロスティリス・オブツサ):

« 裏庭植物園の果実 | トップページ | オナモミ属の果実 »