他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« スギ・ヒノキの林に生える野生ラン(富士市) | トップページ | キバナノショウキランの果実(富士山) »

低山に生えるタマゴダケ

このキノコを初めて見たのは、山梨県のキノコ屋さんでした。童話に出てくるような色彩に驚かされるとともに、食用になるなんて信じられませんでした。その後、このキノコが標高300m辺りから、亜高山帯の針葉樹林までの広範囲に生える事を知りました。

標高の低い所では早期に、亜高山帯では今頃から生えると思っていました。

ところが・・。

Bkimg_1089

このキノコは、標高350mくらいの渓流沿いで本日見付けました。

◇若い内は、鮮やかな赤色。

Bkp9113342

可愛いでしょ?

◇根元には、袋状の白いツボがある。

Bkimg_1122 Bkimg_1087

傘の開いているものもありました。

◇柄は黄色で、まだら模様があり、膜状の鍔が残る。

Bkimg_1125 Bkp9113344

上から・・。

◇傘は赤色で、縁に放射状の条線がある。

落葉広葉樹林にも、針葉樹林にも生えます。昨年と同じ場所では、あまり見かけません。私は食べますが、家族は手を付けません。とても美味しいのに・・。

« スギ・ヒノキの林に生える野生ラン(富士市) | トップページ | キバナノショウキランの果実(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64191449

この記事へのトラックバック一覧です: 低山に生えるタマゴダケ:

« スギ・ヒノキの林に生える野生ラン(富士市) | トップページ | キバナノショウキランの果実(富士山) »