他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヒナノシャクジョウ・ホンゴウソウ第二の自生地(富士市) | トップページ | ヒナノシャクジョウ&ホンゴウソウ自生地のキノコ »

低地に生えるシャクジョウソウ(富士市)

以前の記事にも書きましたが、「シャクジョウソウは亜高山帯に生える」と思っていました。ところが、ずっと標高の低い所にも生える事を知りました。今まで見た中で、一番標高の低い所で出会ったシャクジョウソウを掲載します。

Hjp9012408 Hjp9012405 Hjp9012413

この場所では、二年前にドライフラワーを見ています。そのほぼ同じ場所に、また生えていました。茎に互生しているものは、(葉が退化した)鱗片葉と呼ぶそうです。

Hjp9012424 Hjp9012422

今年、亜高山帯で出会ったシャクジョウソウは、か弱い感じの株で、まだ俯いていましたが、こちらは花が開いていました。見比べると、別種のような感じがしますね。

シャクジョウソウの色は、生えている場所で変異があるようです。以前黄色っぽい株を見た事があります。

Hjp9012414 Hjp9012415

花の中の様子を撮ってみました。

Hjp9012416

「雄蕊は8個あり、子房を囲む」と書かれていますが、この状態では見えません。ナンバンギセルのように「異様に大きい柱頭」と表現しないのかな?

« ヒナノシャクジョウ・ホンゴウソウ第二の自生地(富士市) | トップページ | ヒナノシャクジョウ&ホンゴウソウ自生地のキノコ »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

Hirokenさん、お早うございます。
コメント有難うございました。
凄いWebページ拝見いたしました。
私も、シャクジョウソウを見ていたのは亜高山帯でしたので、近くの林でドライフラワーを見付けた時は迷いました。
息子のような存在の研究者にメールしたところ、シャクジョウソウは低地でも生えるとの返事がきました。
でも、亜高山帯の個体とは違った印象を受けます。
亜高山帯にはいろいろな色のシャクジョウソウが発生しますが、自生地の菌糸の違いなのかもしれませんね。
※返信が遅くなって、申し訳ありません。

URL間違っていました。失礼しました。
https://www.hanasanpo/dairy-hiroダス/6-25-今年は遅い/

こんにちは。自宅近くの緑地(標高85m)で同様な植物を見つけたのですが、亜高山帯で見たシャクジョウソウとあまりに違って見えるので、本当にシャクジョウソウで正しいのか、自信が持てませんでした。こちらのページを拝見し、やはりシャクジョウソウで正しかったのだと、安心できました。どうもありがとうございました。
当方の掲載ページ:
https://www.hanasanpo.org/dairy-hiroダス/6-25-今年は遅い/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64141301

この記事へのトラックバック一覧です: 低地に生えるシャクジョウソウ(富士市):

« ヒナノシャクジョウ・ホンゴウソウ第二の自生地(富士市) | トップページ | ヒナノシャクジョウ&ホンゴウソウ自生地のキノコ »