他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 低山に生えるタマゴダケ | トップページ | 樹に咲くダイモンジソウ(富士山) »

キバナノショウキランの果実(富士山)

キバナノショウキランの果実の様子を見て来ました。紅葉の季節には、まだ早いですが・・。

Okimg_1213

苔むす林内を歩くと、このような落ち葉に出会う事もあります。ミネカエデかな?

そして目的の果実は・・。

Okimg_1183

膨らんでいました!

Okimg_1181 Okimg_1218

果実が熟すまで養分を供給するために、果柄は腐らずにいます。

Okimg_1177

Okp9120058

初めてこの植物に出会ったのは、ラッキョウみたいな果実を付けた姿でした。

キバナノショウキランは、ラン科植物では珍しく果肉の中に種を宿します。何ものかに食べられて、種子が運ばれるそうです。

Okimg_1176 Okimg_1220

左の食痕は、小さなバッタの仲間だろうか?右は、大部分を食べられています。もっと大きな生き物かもしれない。

群生している場所は、バッタよりも大きな生き物に食べられたのかもしれません。果肉の中の種子が、発芽出来るまで育つのはもう少し先かな?果柄が役割を終えて、黒ずんだ頃かも?

« 低山に生えるタマゴダケ | トップページ | 樹に咲くダイモンジソウ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64194385

この記事へのトラックバック一覧です: キバナノショウキランの果実(富士山):

« 低山に生えるタマゴダケ | トップページ | 樹に咲くダイモンジソウ(富士山) »