他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

キンモクセイの花

家の前庭に、父親が植えたキンモクセイが一本あります。花が咲き、家の裏側まで芳香を漂わせています。

Qxp9300008

適当に深刈りしても枯れず、勢いの良い植物です。

Qxp9300011r Qxp9300056r

小さな花を接写してみました。肉厚な感じの花弁(花冠)です。

Qzimg_1850

雄蕊が二個、雌蕊は中央に見える小さな突起かな?(←退化して不完全な状態だそうです)

図鑑には「雌雄異株で、日本にあるのは殆どが雄株なので、実が生る事はまずありません」と書かれています。そういえば、種の生ったのを見た事がない・・。

雌株を見てみたい!何処かに植えられていないかな?

シシウドとアシタバに集る虫

また女子受けのしない記事になってしまいそうです。

セリ科のシシウドやアシタバは、虫たちのレストランになっています。花の時期はもちろんですが、果実の時期にもいろんな虫たちがやって来ます。

【シシウド】

Zp9210488 Zp9210487

もう花は終わり、果実が大きくなっていました。

Zp9210483_2 Zp9210476_2

これは、カメムシの仲間でしょうか?

Zp9210480

Web図鑑を見ると、アカスジカメムシという名前のようです。

【アシタバ】

アシタバは、我が家の裏庭植物園で撮影しました。

Zp9220616 Zp9220614

ホタルガが、蜜を吸っていました。

Zp9220611 Zp9220594

マクロズームして見ると、赤い部分が鶏のトサカのように見えます。

Zp9220626

赤いハエ・・名前は分かりません。

Zp9220623 Zp9220585

ハエの仲間もいろいろいるものですね。

Zp9220587

マクロズームすると、かなり不気味・・。

Zp9220601

こちらは普通のハエに近いかな?こうして見ると複雑な体形をしていますね。

Zp9220596 Zp9220597

コガネムシの仲間もいました。

Zp9220599

こちらも・・。背の色が違うけど、同じ仲間かな?

アシタバレストラン来店者の名前が分かる方、教えてください。

須津川バンジージャンプ

愛鷹連峰を水源とする須津川渓谷へ、植物の写真を撮りに行って来ました。

Qsdimg_0864

沼津市と富士市を結ぶ、林道愛鷹線に架かる橋・・須津渓谷橋です。「右側の籠は何だろう?」

Qsdimg_0857

バンジージャンプの飛び込み台でした。この写真を撮った日は、世間では平日でしたので人影はありませんでした。

Qsdimg_0863 Qsdimg_0859

飛び込み台をズームしてみました。

そして、別の日に橋の下を通りかかると・・。

Qsdimg_1522a Qsdimg_1520

喚き声が聞こえたので橋を見上げました。「あっ、飛んでいる!」

Qsdimg_1519 Qsdimg_1524

幾度も弾んでいました。でも、二度目のバウンドでは余裕の感じでした。飛び馴れているのかな?

Qsdimg_0939 Qsdimg_0942

植物観察をして林道から下ると、橋の上に出ました。左は橋の上から見た大棚の滝(落差21m)です。

興味ある方は、富士バンジーのWebページをご覧ください。私?高い所は苦手なので・・coldsweats01

登山道沿いの植物

今日も暑い一日でした。朝晩、涼しくなって来たと思ったら、またこの暑さ・・たまりませんね。

Qtp9270953

今朝の富士山です。笠雲を被ったり、ハチマキをしたり忙しい事です。

一週間前に行った、登山道沿いの植物を集めてみました。少しだけですが・・。

Qtimg_1459 Qtimg_1278

ヤマホタルブクロの咲き残りがありました。この植物は、砂礫地でもかなり遅い季節まで花を見る事が出来ます。右のトリカブトも、登山道脇で良く見かけます。

Qtp9210332 Qtp9210336

果実は、同じキンポウゲ科のレンゲショウマに似ています。有毒植物ですが、綺麗な花です。

Qtp9210321 Qtp9210323

アキノキリンソウも、まだ咲き残っていました。一般的に、日当りの良い場所に多いのですが、針葉樹林内でも何本か見かけました。

法面の上の方を見上げると・・。

Qtp9210320

コケモモの果実が色付いていました。綺麗でしょ?

Qtp9210316 Qtp9210318

下側がまだ青い果実は、食べてみると酸っぱい!

Qtp9210326

こちらは、下側も赤くなっています。美味しかったですよ。次回行く頃には、収穫の適期かな?毎年そう思いながら、時期を逃してしまいます。

その横には・・。

Qtp9210325 Qtp9210314

イワカガミでしょうか?すぐ近くに生えているのに、この葉色の違いは何でしょう?

このところ、休日には何かしら用事があって、のんびり探索出来ませんでした。今週末も、点検立ち合いがあります。代休を取って、平日にのんびり探索しようと思っています。

ツリシュスランとフガクスズムシ

この日は、樹木に着生する二種類の野生ランと出会いました。ツリシュスランとフガクスズムシです。

富士山の林内では、イタヤカエデに着生した野生ランを良く見かけます。でも、最近ブナに着生している野生ランと出会いました。

Qsimg_1684

左二本はイタヤカエデ、そして右はブナの木です。ブナの木を良く見ると、ノキシノブの下に地衣類の捲れたようなものが見えます。

ズームしてみると・・。

Qsimg_1676 Qsimg_1681

「あっ、ツリシュスランだ!」・・私にとっては、これが4番目の出会いになります。

Qsimg_1682

この日は、高倍率のコンデジを持って行きませんでしたので、16-300の望遠レンズで撮りました。このレンズは、とても便利なのですが、望遠端(テレ端)の画質が悪いのが難点です。

そして更に・・。

Qsimg_1743 Qsimg_1756

5番目のツリシュスランです(上と似ているけど違う場所です)。右は、以前も登場した3番目の写真です。3~5番目は、全てブナの幹に着生していました。

その近くでは・・。

Qsp9250917

イタヤカエデに着生するフガクスズムシが目に入って来ました。

Qsp9250921

つま先立ちをして撮ってみました。この高さで、良く悪い小父さんに見つからなかったものです。開花株のようですから、来年が楽しみです。

ランの種子は、発芽の養分を持たないので、ラン菌などの助けを借りなければ発芽しないそうです。この辺りに生える着生ラン(ツリシュスランやフガクスズムシ、フジチドリ、ヒナチドリ)は、何の助けを借りて発芽出来たのでしょう?苔ならどの木にも生えています。しかも、この辺りで野生ランの着生を見た事の無い針葉樹(ウラジロモミ)やミズナラにも苔は沢山生えています。なぜウラジロモミやミズナラには着生しないのでしょう?

下界の針葉樹にはセッコク、フウラン、カヤラン、ムギランなどが着生しているのを見た事があります。針葉樹を好むキノコと落葉広葉樹を好むキノコがあるように、ランの種類によってラン菌の代わりになるものにも相性があるとは思いますが・・。

菌従属栄養植物の果実

今朝は、お祭りの片づけでしたが、用事があったため集合時刻より一時間早く行って、早めに上がらせてもらいました。

Hsimg_1510

萌の朝散歩の時は、富士山に笠雲がかかっていました。その後、薄っすら雪化粧した姿が現れたそうです。

Hsimg_1555

雪は直ぐに融けてしまったようです。これからだんだん涼しくなる事でしょう。萌の朝散歩にヘッドライトが必要になるのも間も無くの事だと思います。

今日の記事では、菌従属栄養植物(旧名称:腐生植物)の果実の写真を集めてみました。

【ヒナノショクジョウ】

Hsp9250752 Hsp9250677

果実の中が黒っぽく透けて見えます。

Hsp9250673 Hsp9250678

白かった種子が、成熟して変色して来たようです。

一つ、皮を破ってみました。

Hsp9250713 Hsp9250708

接写デジタルズームなので、かなり画質が荒くなってしまいました。これは、種子が熟した状態だと言っていいのでしょうか?

【ホンゴウソウ】

Hsp9250655 Hsp9250669

こちらは、野イチゴのような果実が、赤紫から褐色になりつつあります。

【キバナノショウキラン】

Hsp9250882 Hsp9250878

前回行った場所では、果実がすべて食べられていましたので、今回は違う場所へ行ってみました。

左は、果柄が黒くなっていないので、まだ食べられて間もないと思います。右は少し残っていました。

Hsp9250879

これなら種が採れるだろうと思って持ち上げると・・。

Hsp9250938

中が食べられ、皮だけ残っていたのです。参りましたwobbly。こんな食べ方が出来るのは、バッタの仲間やもっと小さな虫だと思います。

タマゴダケとハナイグチ

今日は地域のお祭りの準備で、びしょ濡れになりました。少し前の天気予報では、雨は降らないはずでしたが・・。

この林内では、タマゴダケ、ハナイグチ(ジコボウ)、キノボリイグチ、オオキノボリイグチなどが、私の知る数少ない食べられるキノコです。この日は、タマゴダケとハナイグチに出会いました。

【タマゴダケ】

Qrimg_1413

苔むす林床で、とても目立つキノコです。

Qrimg_1409 Qrimg_1411

傷みもなく綺麗な姿でした。

Qrimg_1399

柄に鍔が見えます。これもタマゴダケの特徴の一つです。

Qrimg_1434

これは、鍔が見えないし、根元のツボも見えない・・。タマゴダケだろうか?

Qrp9210305 Qrp9210301

鍔は傘の中に隠れています。地際を掘ると白いツボが見えています。これも、タマゴダケです。

Qrp9210235 Qrp9210237

傘の裏や柄など、全体的に黄色味がかっています。

Qrp9210244 Qrp9210245

柄の鍔と傘裏のヒダを接写してみました。

Qrp9210248

傘の筋も特徴の一つです。

【ハナイグチ/ジコボウ】

Qrimg_1357

このキノコの名前を覚えたのは、数十年前に仕事で滞在した安曇野でした。初めて見たキノコの名前を、ジコボウと教えてもらいました。

褐色の傘を持つキノコは沢山ありますが、この艶と色はすぐに区別できます。

Qrimg_1351 Qrimg_1359

傘裏を撮ってみました。左は、姿を現してから日にちの経ったもので、右はまだ新しいキノコです。

Qrp9210200 Qrp9210201

コンデジの顕微鏡モードで・・。傘裏を覆うように幕が張られています。

タマゴダケにハナイグチ、どちらも美味しいキノコです。家族は食べませんが・・。

タマゴダケが黄色くなったような、タマゴダケモドキを食べて中毒になった人がいたとMSNニュースに載っていました。はっきり区別出来ないキノコには、決して手を出さない事ですね。

セキヤノアキチョウジとマネキグサ

前記事のツチアケビを見付けた辺りで、セキヤノアキチョウジとマネキグサの残り花を撮ってみました。シソ科の仲間と言う事で・・。

【セキヤノアキチョウジ】

Qqp9210506 Qqp9210518

上の方はまだ蕾でした。その蕾を下から見ると・・。

Qqp9210512 Qqp9210516

なんか、萌の顎の下みたいです。思わず、くすぐりたくなりました。

Qqp9210508

横顔。図鑑には「青紫の唇形花」と表現されています。

上から見ると・・。

Qqp9210399

アニメ「天才バカボン」に登場するウナギイヌを連想しました。

Qqp9210400 Qqp9210412

濃青紫色の葯が見えています。ウナギの頭みたいでしょ?それに、耳もあるし・・。

【マネキグサ】

Qqp9210422

8月中旬の記事に掲載しましたので、花はもう見られないと思っていたのですが、まだ咲き残っていました。

Qqp9210418 Qqp9210420

図鑑には「暗紅紫色の唇形花」と表現されています。手招きしているような形だそうですが・・?

この花は、ごく稀に白花が出現するそうです。いつか出会ってみたいものです。

さて、明日は町内のお祭りの準備に行かなくてはなりません。頑張らなくては!

ツチアケビとキバナノショウキランの果実

今日は、結局一日中雨降りでした。午前中に墓参りと雑用を済ませ、午後はパソコンデーターの整理をして過ごしました。

ツチアケビとキバナノショウキランは、一般的なラン科植物と違い果肉の中に種を宿します。両方の果実を観察してみました。

【ツチアケビ①】

標高:1,000m辺りで・・。

Qpimg_1490 Qpimg_1488

この場所のツチアケビは、5年前に果実を見てからずっと姿を現しませんでした。そして今年、当時と同じく2本の株が姿を現しました。5年間、地中で養分を蓄えていたようです。

Qpp9210382 Qpp9210381 Qpp9210385

初めてこの果実を見た時は、とても驚きました。

【ツチアケビ②】

標高:350m辺りで・・。

Qpimg_1164 Qpimg_1131

今迄出会った中で、一番の大株です。

Qpp9113370 Qpimg_1138 Qpp9113382

左はコンデジ、中はデジイチで撮りました。かなり暗い林なので、私の腕では上手く撮れません。

ツチアケビは、塊茎ではなく地下茎に養分を蓄えるそうです。その地下茎が露出していました。

Qpp9113359 Qpp9113362

ちょっと不気味・・。鱗片葉が見えています。ナラタケの菌から養分をもらうそうです。ここはシメジを栽培していたそうですが、修善寺ではシイタケ栽培の跡地に沢山生えていました。ナラタケが好む場所なのかな?

【キバナノショウキラン】

Kibana1_1

9月12日に撮った写真です。果柄がまだしっかりしていましたので、熟すのはもう少し後かと思っていました。

Kibana1_2 Kibana1_3

この場所では、花の時期に小さな株まで入れて35株も確認出来ました。果実も、写真の場所以外にも幾つか確認出来ました。

ところが、昨日確認したところ・・。

Qpimg_1479

10日の間に、すべて何者かに食べられていました。シカかイノシシ、あるいはその他の動物でしょうか?イノシシならもっと荒らしてあるはず・・。私はシカではないかと思います。

ハクビシンのような小動物も考えられますが、この場所では、以前キバナノショウキランの花と一緒にアオスズランも食べられていました。そして、食べ残しもないくらい綺麗に食べてありましたので、作物を食べられた経験からハクビシンではないと思います。

食べられた果実は、種子が発芽するくらいまで成長したのだろうか?それなら、どこかに蒔かれて子孫を増やしてくれるだろうけど・・。

深山に生えるイチヨウラン

まだ暑い日もありますが、富士山麓はだいぶ涼しくなって来ました。深山の野生ランは、そろそろ冬支度を始めている頃だと思い、様子見に行って来ました。

Qoimg_1382 Qoimg_1385

傾いた針葉樹の根に守られて生えるイチヨウランです。下界のイチヨウランに比べて、小さな葉なので目立ちませんが、この場所には数十株生えています。

この季節、イチヨウランは葉の更新があります。クリーム色に変色した葉を見て、この場所を知りました。

Qop9210255 Qop9210257

クリーム色の葉は、今年頑張った葉です。その葉を捲ると、来年頑張る葉が隠れていました。

Qop9210260 Qop9210309

葉脈が斑入り葉のように目立っています。

Qop9210224 Qop9210226

こちらでも、新しい葉が姿を現していました。

そして、更に探索すると・・。

Qop9210146

蕾の見えている株がありました!

Qop9210147 Qop9210149

深山の野生ランは、花芽をもって冬を越します。この辺りは、林内といえども冬には深い雪に覆われてしまいます。私と違って、寒さに強いようです。

葉と花芽だけでは寂しいので、7月頃撮った花を掲載します。

Qop7081826 Qop7081828

下界のイチヨウランに比べて、花茎が短く可憐な感じの花です。

Qop7081804

全体的に斑紋も少なく、中には無班かと思えるような花もありました。

来年また会いに行こう!

野に咲く花(9月中旬)

21時頃台風がやってくると放送されていましたが、不気味なくらい静かです。それにしても昨晩から降った雨の量は凄い!普段水の無い川の音が聞こえて来ます。

このところ、真面目に家の用事などをしているため、ネタ切れになって来ましたsad

Qwp9170285_2 Qwp9170282_2 Qwp9150207

ミズヒキです。咲いたところは、なかなか見られません。右端の写真は、別の所で撮りました。左と中が緑軸(茎)なのに対して、赤褐色の軸です。

ミズヒキは、根がしっかりしていて、引き抜くのが大変です。

Qwp9150208

上が赤く、下が白い・・「花序を上から見ると赤く、下からは白く見える」事から水引の名が付いたそうです。おめでたい名前ですね。白花品をギンミズヒキと呼ぶそうですが、まだ出会った事はありません。

Qwp9190019 Qwp9190025

こちらは、キツネノマゴです。どうしてこんな名が付いたのでしょう?

Qwp9170340

これは、タンキリマメかトキリマメだと思います。トキリマメの花は、「萼に黄褐色の腺点があるのは属の特徴」と書かれています。黄褐色の腺点が確認出来ます。

Qwp9170347 Qwp9190009

「葉の先が急に細くなって尖る」・・トキリマメのようです。

右はゲンノショウコの白花です。「東日本には白い花、西日本には紅紫色の花が多い」そうです。黄色いタンポポ(東日本)と白いタンポポ(西日本)みたいですね。

次は、アキザキヤツシロランの生える竹林の近くで見つけた花です。

Qwp9170364 Qwp9170369

左はミョウガの花です。普通種は秋に咲きますが、我が家には夏咲くミョウガが植えてあります。

右は、ヌマダイコンです。

Qwp9170541 Qwp9170544

静岡市駿河区丸子で初めて見ました。場所によっては群生しているようですが、我が家の近くでは見かける事の少ない植物です。

さて、明日は代休です。台風が早く遠ざかってくれると良いけど・・。

ヤツシロラン類実生栽培実験(9月下旬)

午前中、畑の草刈りをしました。腕と腰が痛い!午後は、雨が降り出したので止めにしました。

また女子受けしない写真ばかりですが、ヤツシロラン類の実生栽培実験容器を覗いてみました。

【クロヤツシロラン実生二年目の容器】

Qzp9190089 Qzp9190088

今年は菌が不足したようで、腐ってしまった塊茎が目立ちます。そんな中で、生き残った塊茎から花芽が出て来ました。無事咲いてくれるかな?

【アキザキヤツシロラン実生一年目の容器】

Qzp9190061

竹の葉を捲ると、塊茎が隠れていました。あまりいじると、菌糸が外れてしまうのでここだけにします。

Qzp9190062 Qzp9190049

今年無理だとしても、来年は花を咲かせてくれるだろうか?

Qzp9190070 Qzp9190065

こちらの一軍も、大きな変化がありません。右は、今迄気づきませんでした。普通の植物のように、早く発芽したからと言って成長も早いわけではありません。

ところで、竹林の部材に生える菌糸は、スギの部材に繁殖しないだろうかと思い、少しだけ球果を入れてみました。

Qzp9190074 Qzp9190076

これが、球果についていた菌か竹林の部材からうつったものか分かりませんが、2~3個の球果がこんな状態になっていました。

【未知の塊茎と菌糸の容器】

未知・・まだ花を見た事の無い植物の塊茎です。

Qzp9190100 Qzp9190095

私が行った事の無い、他地域の竹林の部材から生えた菌糸です。この菌糸を絶やさないために、裏庭に生えている竹の葉などを補充するつもりです。吉と出るか凶と出るか分かりませんが・・。

Qzp9190114 Qzp9190109

少しずつ増えています。右は、この容器の中で初めて見たキノコの成菌です。何というキノコだろう?

そして・・。

Qzp9190091 Qzp9190105

地中に埋めたはずの塊茎から、こんなものが出て来ました。老眼の上に近視なので埋め残したようです。

更に、中を見まわすと・・。

Qzp9190093

プロトコームかと思ったのですが、透明感があります。何かの卵でしょうか?

実験容器の中では、目では見えない菌糸と菌従属栄養植物(腐生植物)の駆け引きがあります。難しいけど、面白い世界です。

竹林に生えるキノコ(富士市)

アキザキヤツシロランの生える竹林で、出会ったキノコを集めてみました。

Bkp9170370 Bkp9170372

ホウキタケの仲間のようですが、普段見かけるものより枝が細く、白ければハナゴケのような感じです。

Bkp9170429 Bkp9170428

傘の筋が多く、少し透明感があります。

Bkp9170433 Bkp9170434

こちらも少し透明感があり、柄に鍔があります。

Bkp9170457 Bkp9170438

傘が皿のように反り返っています。横顔は不気味・・。

Bkp9170430 Bkp9170432

こんな塊が幾つかありました。

Bkp9170509 Bkp9170510

こちらは、アカキツネガサに似ていますが、柄に鍔が見えない・・。

Bkp9170458 Bkp9170456

カワラタケかカイガラタケの仲間のようですが、傘の裏を撮り忘れましたcoldsweats01。右は、ナギナタタケの仲間かな?

Bkp9170451 Bkp9170453

こちらは、ホウライタケの仲間でしょうか?

今日は、草刈りをするつもりでしたが、一日天気が悪く断念しました。家族のパソコンのWi-Fiの調子が良くないので、LANケーブルを作りました。LAN-CHECKERで試験すると、NGでしたcoldsweats01。久々なので、色別(順)を間違えてしまったのです。

そして、水洗トイレの水が止まらない時があるので、部品を買って来て直しました。故障原因は、ゴムフロートかボールタップが考えられます。水を溜めるタンクの蓋を開けて、浮き球を上にあげても給水が止まらないならボールタップ、止まっても便器の中に水が流れているならタンクの底にあるゴムフロート(浮きゴム/排水口の蓋)だと思います。

久々にのんびり出来た一日でした。

アキザキヤツシロラン(富士市)

そろそろ、アキザキヤツシロランが姿を現しているかと思い、我が家より下界にある竹林へ寄ってみました。

Akp9170540

今年のタケノコが伸び、密集していました。蜘蛛の巣を払い、藪蚊に刺されながら中に入ると・・。

Akp9170419 Akp9170417

「あっ、見つけた!」

更に進むと・・。

Akp9170480 Akp9170461

茎の太い株です。左は、コンデジのオートモードで撮りました。かなり薄暗い竹林ですが、F2.0だけあって、ストロボ無しで明るく撮れます。

右はLEDフラッシュディフューザーを使い、顕微鏡モードで撮りました。

Akp9170461b Akp9170461c

少し位置を変えて・・。

Akp9170468 Akp9170473

良く見ると、二本並んで生えていますが、茎の太さがこんなに違います。塊茎の大きさもかなり違うと思います。

Akp9170440 Akp9170400

気を付けながら歩きましたが、地味な色なので幾つか踏みつけてしまったかもしれません。右は、何ものかに茎の地際を食べられたようです。

Akp9170396 Akp9170393

花筒が腐り落ちたのに、中のUMAは残っていました。蕾は上を向き、花は横を向き、果実(蒴果)はまた上を向きます。忙しい事ですね。

花筒の付いた花も接写して見ました。

Akp9170380 Akp9170529a

一眼レフのセンサーと違い、AUTOでは花筒の縁にピントが合ってしまい上手く撮れません。「蓮華座に座ってお辞儀をしているお坊さん」に見えませんか?

表に出て雑用をしようと思うと、雨が降りだします。今日は、大人しくしていた方が良いかな?

チジミザサ

今日の仕事も無事終わりました。年寄コンビだけど、場数を踏んでいるので仕事は早いのですbleah。ただ、体力が無いので、あまり多いと挫折してしまいます。

何処でも見る事の出来る雑草、チジミザサの花を撮ってみました。

Atp9170310

裏庭植物園や趣味の野菜畑に繁殖しています。こういう花を穂状花序と呼ぶそうです。

Atp9170311 Atp9170314

雄蕊の葯とブラシのようなものが見えます。ブラシのようなものが雌蕊の柱頭のようです。

Atp9170308

「葉の幅が広く、笹の葉に似ていて縁が縮れている」のでチヂレザサの名が付いたそうです。縮れ具合は、場所によっていろいろです。

Atp9170315 Atp9170319

先端部を見ると、赤味を帯びた柱頭が付いていました。葯が見えない・・落下して花期から果期に入ったのだろうか?

Atp9170289 Atp9170294

こちらの葯は、少し赤味を帯びています。

Atp9170304 Atp9170303

こちらは、葯が黄色味を帯びています。変異なのか、時間の経過で違うのか、今まであまり気にして見ていなかったので、現時点では分かりません。

見付けるとすぐに抜いていた雑草も、こうして接写して見ると面白いし、綺麗ですね。

明日は天気が悪そうです。部屋の掃除でもしようかな・・。

シソ科ヤマハッカ属?

人に教わる機会の少ない私は、この手の花が良く分かりませんcoldsweats01。これはヤマハッカ属のようですが・・。

Typ9120166 Typ9120128

左はイヌヤマハッカで、右はシロバナヤマハッカでしょうか?

Typ9120174 Typ9120130

葉と全体の様子です。

Typ9120167 Typ9120139

上唇は4裂し、「ヤマハッカに見られる」と書かれている斑点がありません。

Typ9120173 Typ9120124

横顔・・。

Typ9120171 Typ9120136

花の中をズーム・・ピンボケしてしまいました。

これは、イヌヤマハッカとシロバナヤマハッカで良いのでしょうか?分かる方、教えてください。

さて、明日はまた休日出勤です。代休は何時取ろうかな・・。

クロウリハムシ

趣味の野菜畑は、ほぼ無農薬です。だから、葉が穴だらけになる野菜もあります。この虫は、キュウリの葉に集ります。

Urp9113433

父親が植えたマメ科の植物・・ムラサキナツフジあるいはサッコウフジと呼ぶようです。

良く見ると・・。

Urp9113452 Urp9113456

憎きクロウリハムシが潜んでいました!しかも花を食べている!

Urp9113454

「防御策は、手で捕獲して殺傷するか、農薬(有機リン系殺虫剤のマラソン乳剤など)を散布する。」と書かれています。手で捕獲しても、数が多い上にすぐに飛んでしまうのでなかなか駆除出来ません。

あまりにも食害がひどい時だけ、スプレー缶の殺虫剤を使います。でも、ウリハムシに有効な殺虫剤は、あまり売られていませんから、探すのも大変です。

最近、「近くにネギを植えれば集らない」と聞きましたので、来年は試してみようと思っています。

Urp9113463 Urp9113464

野老の葉にも集っていました。それにしても、艶のある翅ですね。

Urp9113465

「成虫越冬で、浅い土中で越冬する」そうです。苗を植えると一気に食べられるわけだ・・。来年はネギで撃退するぞ!

ツリフネソウの花

富士山麓では、紅紫色の花が咲くツリフネソウと、淡黄色の花が咲くキツリフネを見かけます。

キツリフネよりも、広範囲に生えているツリフネソウは、稀に白や淡いピンクの花を見かける事があります。花の観察をしてみました。

Stp9120147

正面から見るとこんな顔をしています。「花弁は3個、下方2個は合着して唇弁となり・・」と書かれています。

Stp9120148 Stp9120005

横顔が変わっているでしょ?太い袋状の部分は、萼片の一つだそうです。この巻き込んだ距が、キツリフネの場合は垂れ下がります。どうして違うんだろう?

Stp9120149 Stp9120158

中の斑紋を撮ってみました。綺麗でしょ?

Stp9120161

こちらの、白いノドボトケのようなものは、合着した葯だそうです。

その中には・・。

Stp9120152

果実(子房)が隠れています。花弁が外れたばかりの果実は、右のように細いですが、やがて左のように大きくなって来ます。このくらいになると、少し触れただけで種子が弾けます。

ツルニンジン(ジイソブ)の花

ツルニンジンの花は、標高の低い所ではそろそろ終わりだと思いますが、ここではまだ花盛りでした。

Rtimg_1266

場所によっては、沢山の蔓を見かけます。種を蒔いてみましたが、ヒメツルニンジン(バアソブ)と共に、実生発芽率の良い植物だと思います。

下を向いて咲いているので・・。

Rtp9120020

こんな反則技を使って、花の中を観察してみました。

Rtp9120115 Rtp9120008

「花冠の先端は5裂して反り返る」とあります。雄蕊も5本、奥には黒い5角形が見えます。

ところが・・。

Rtp9120094 Rtp9120093

中にはへそ曲がりがいます。この花は、花冠の先端が6裂して、雄蕊が6本、奥には黒い6角形が見えます。以前は、4裂、4本、4角形の花を見た事があります。

そればかりか・・。

Rtp9120114 Rtp9120010

一般的に、柱頭は左のように3裂していますが、右のように4裂の変わり者もいます。柱頭の形は、花冠の裂、雄蕊の数、奥に見える多角形の数には関係ないようです。

Rtp9120099 Rtp9120101

こちらは、咲き始めでしょうか?花冠が6裂タイプの花ですが、3本の雄蕊が柱頭の脇にくっついています。蕾が開く前はみんなくっついているのかな?

花色だけでなく、いろいろな部分に変異があって面白いですね。

樹に咲くダイモンジソウ(富士山)

富士山を探索するまで、ダイモンジソウは渓谷の断崖絶壁や大岩などに生えていると思っていました。でも、富士山では樹上で見る方が多い事を知りました。

また、下界のダイモンジソウに先駆けて開花するので、そろそろ咲き出す頃かと思って探すと・・。

Qdimg_1201 Qdimg_1187

花茎が伸び、ポツポツ咲いていました。もう少し経つと、見頃になります。

Qdp9120045 Qdp9120046

手の届く高さにも生えていました。この株は、開花寸前です。

Qdp9120051 Qdp9120055

白い花弁が「大」の字になる事から、この名が付いたそうです。長い花弁の方が、先に解けるのかな?

Qdp9120036 Qdp9120037

咲いている花を接写。あっ、逆さ大文字だ!

Qdp9120066

こちらは普通の大文字です。橙赤色の葯がアクセントになって、綺麗な花でしょ?

キバナノショウキランの果実(富士山)

キバナノショウキランの果実の様子を見て来ました。紅葉の季節には、まだ早いですが・・。

Okimg_1213

苔むす林内を歩くと、このような落ち葉に出会う事もあります。ミネカエデかな?

そして目的の果実は・・。

Okimg_1183

膨らんでいました!

Okimg_1181 Okimg_1218

果実が熟すまで養分を供給するために、果柄は腐らずにいます。

Okimg_1177

Okp9120058

初めてこの植物に出会ったのは、ラッキョウみたいな果実を付けた姿でした。

キバナノショウキランは、ラン科植物では珍しく果肉の中に種を宿します。何ものかに食べられて、種子が運ばれるそうです。

Okimg_1176 Okimg_1220

左の食痕は、小さなバッタの仲間だろうか?右は、大部分を食べられています。もっと大きな生き物かもしれない。

群生している場所は、バッタよりも大きな生き物に食べられたのかもしれません。果肉の中の種子が、発芽出来るまで育つのはもう少し先かな?果柄が役割を終えて、黒ずんだ頃かも?

低山に生えるタマゴダケ

このキノコを初めて見たのは、山梨県のキノコ屋さんでした。童話に出てくるような色彩に驚かされるとともに、食用になるなんて信じられませんでした。その後、このキノコが標高300m辺りから、亜高山帯の針葉樹林までの広範囲に生える事を知りました。

標高の低い所では早期に、亜高山帯では今頃から生えると思っていました。

ところが・・。

Bkimg_1089

このキノコは、標高350mくらいの渓流沿いで本日見付けました。

◇若い内は、鮮やかな赤色。

Bkp9113342

可愛いでしょ?

◇根元には、袋状の白いツボがある。

Bkimg_1122 Bkimg_1087

傘の開いているものもありました。

◇柄は黄色で、まだら模様があり、膜状の鍔が残る。

Bkimg_1125 Bkp9113344

上から・・。

◇傘は赤色で、縁に放射状の条線がある。

落葉広葉樹林にも、針葉樹林にも生えます。昨年と同じ場所では、あまり見かけません。私は食べますが、家族は手を付けません。とても美味しいのに・・。

スギ・ヒノキの林に生える野生ラン(富士市)

ヒナノシャクジョウの生える場所は、スギやヒノキの林です。観察ついでに出会った野生ランを集めてみました。

【ベニシュスラン】

Akop8161678 Akop9113350

このエリアでは、開花株は見当たりませんでしたが、小さな株がポツポツ生えていました。以前は咲いていたそうですが、どうして大きな株が無いのでしょう?

【カヤラン】

Akop9113267

落下したスギの枝に着生していました。それにしても、根が長く伸びています。

Akop9113266 Akop9113265

幹に着生しているのかと思ったら、こんな細い枝にも着生しているのですね。

Akop9113280 Akop9113263

こちらにも・・。彼方此方に落ちているのは、先日の台風の影響だと思います。

【ヤクシマヒメアリドオシラン・コクラン】

Akoimg_1053 Akoimg_1064

この辺り一帯には、かなり広範囲にヤクシマヒメアリドオシランが生えています。そして、どこでも目に付くのが右のコクランです。普通は緑色の軸ですが、赤褐色の軸もあるそうです。

【ヤクシマヒメアリドオシラン・シュンラン】

Akop8161739 Akoimg_1086

ヤクシマヒマアリドオシランは、このような塊で生えている事が多いです。右はシュンラン。落葉広葉樹林でも良く見かけます。ランらしい花形を気に入っています。

【エビネ】

Akoimg_1116 Akoimg_1097

私が幼い頃は良く見かけたのですが、園芸採取や自生地の環境変化で数を減らしてしまいました。こうして出会えると嬉しいものです。

【オオバノトンボソウ】

Akoimg_0884 Akop9012520 Akop9012522

果実が生っていました。まだ一枚葉の子株が、彼方此方で見られました。

山野を歩き始めた頃は、「スギやヒノキの林はつまらない」なんて思っていました。でも、良く見て歩けば、嬉しい出会いが沢山あって魅力的な林です。

同じような写真ばかり登場して恐縮ですが、最後にもう一枚・・。

Akoimg_1078

デジイチで撮ったカヤランです。この日の出会いの中で一番印象に残った野生ランです。こんな細い枝に種子が舞って来て発芽し、根を伸ばすなんて、これを見るまでは考えもしませんでした。しかもこの長い根・・野生ランの生命力を感じます。

リコリスの花

季節が進み、帰宅した頃には辺りが薄暗くなっています。LEDライトでリコリスの花を撮ってみました。ヒガンバナの仲間は、学名「Lycoris radiata」なので、園芸種も含めてリコリスと呼ばれるそうです。

野山に咲く赤い花・・曼珠沙華(ヒガンバナ)より少し早く、この白い花が咲きます。

Ahp9093116 Ahp9093104

咲き始めは、キツネノカミソリの白花みたいです。

Ahp9093122

葯がまだ裂開していません。

Ahp9093125

葯をズームしてみました。

Ahp9093113

咲き始めの方が黄色味がかって見えます。そして、日が経つに連れ白くなっていきます。

Ahp9093101 Ahp9093110

一茎に付く花の数はいろいろですが、我が家の株は5~6個でした。

Ahp9093114 Ahp9093115

真ん中の葯がついていない花糸のようなものが雌蕊です。先端部が赤い・・。

黄色い花のショウキランとヒガンバナが自然交配してできたものを、白花曼珠沙華と呼ぶそうです。我が家の花が、白花曼珠沙華で良いのか分かりません。

9月18日には、ボランティアで草刈りに参加している沼川沿いで「彼岸花ウォーク」が開催されます。皆さんも、ぜひ出かけてみてください。この花の仲間が嫁入りして咲いていますよ。

さて、明日は仕事。早く終わるように頑張らなくては!

義母の家の花②

昨晩から今日の早朝にかけて、もの凄い豪雨でした。萌は、怯えながら一晩過ごした事でしょう。

野に咲く花はネタ切れなので、「義母の家の花」続きです。

Cgp9043042 Cgp9043044

これ何と言ったかな?図鑑で調べたら「デュランタ」という名前だそうです。和名をハリマツリ、タイワンレンギョウと書かれていました。きっとまた忘れる・・。

Cgp9042987

これはずっと昔、栽培していた事があります。アメリカンブルー(エボルプルス)だそうです。すっかり名前を忘れていましたcoldsweats01

Cgp9043018 Cgp9043019

これはベゴニアの仲間です。シュウカイドウやベゴニアは、見た目よりずっと丈夫な植物ですね。

Cgp9043022 Cgp9043029

こちらはミセバヤの仲間です。毎年花を咲かせてくれます。

Cgp9043045 Cgp9043048

良く見るけど・・。

「多肉食物」で検索すると出て来ました。ハオルチアという名前のようです。接写して見ると、白い横縞が砂糖のようですね。

Cgp9042986 Cgp9042985

イワヒバの鉢に、マメヅタが繁殖していました。マメヅタランに似ていますが、胞子葉で区別出来ます。

Cgp9043033 Cgp9043034

最後に、ニチニチソウのお気に入りを掲載します。

園芸種の花観察も、ちゃんと名前を覚えると楽しいです。カタカナ名はすぐ忘れてしまうけど・・。

義母の家の花①

何時も地味な色彩の花ばかりなので、たまには派手な花を掲載してみます。すべて、義母の家の庭に咲いている花です。

Byp9042978 Byp9043069

マツバボタンの花が咲いていました。我が家には、似た葉を持つマツバギクが咲いています。

Byp9042980 Byp9043076

花芯をズームして見ると、沢山の雄蕊とヒトデのような雌蕊です。

Byp9043032 Byp9043036

目の覚めるようなニチニチソウの花です。雄蕊や雌蕊が見えない・・。

Byp9042992 Byp9043002

ルコウソウも咲いていました。ルコウソウの仲間はいろいろありますが、これはモミジバルコウソウです。趣味の野菜畑には、マルバルコウソウとルコウソウが生えています。

Byp9043080

この花は、朝行った時は一つも咲いていませんでした。ところが、午後にはこのように咲いていました(13時50分撮影)。花は少し大きいですが、ハゼランに似ています。

Byp9043050 Byp9043059

Web図鑑で探すと、クサハナビ(草花火)(タリヌム・カリキヌム)という花に似ています。

Byp9043054

横顔。

Byp9043005 Byp9043011

サルスベリの花も盛りでした。

Byp9043007

6枚の花弁は、ちりめんのようですね。

※また画像がアップ出来るようになりましたので追加しました。

岡部川(藤枝市)

日曜日は、用事があって藤枝市岡部にある親戚の家に行って来ました。少しだけ、近くを流れる岡部川沿いを探索してみました。

Aoimg_1012 Aoimg_1013

季節によっては水鳥で賑やかな川ですが、この日はとても静かでした。

右の写真は何だと思いますか?ゴム?のチューブに空気が入っていて、小さなダムの役割をしています。名称をファブリダムというそうです。放水は、空気を抜いて行われます。

Aoimg_1024 Aoimg_1025

少し上流に歩いて行くと橋がありました。右手の遊歩道には、桜が植えられています。花の時期に行きたいものです。

ところで・・。

Aoimg_1039 Aoimg_1038

橋の欄干に何かついています。これは人が通った時、感知するセンサーとスピーカーです。以前は、橋を渡ると音楽が聞こえるようになっていましたが、最近は聞こえません。故障したままなのか、維持費の関係で使用を止めたのか・・せっかく作った設備なのに、ちょっと寂しい気がします。

ダムの下流を覗くと・・。

Aoimg_1011 Aoimg_1011a

形の良いアユが泳いでいました。ファブリダムの上流ではアユは見えず、オイカワの群れが泳いでいました。雄の婚姻色が綺麗でしたよ。

Aoimg_1027 Aoimg_1029

川岸には、百日紅の花が咲いていました。右はツユクサ・・トキワツユクサ(ノハカタカラクサ)でしょうか?

Aoimg_1020 Aoimg_1023

この川沿いでは、所々にセンダンの木が植えられています。葉の落ちた時の姿も見事です。

ホトトギスの仲間

ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスの花の違いは・・。

①ヤマホトトギスの花被片は反り返り、花柱に斑点がある。

②ヤマジノホトトギスの花被片は水平に開き、花柱には斑点がない。

Ehp9032898 Ehp9032899

花被片が反り返っているけど、花柱に斑点がありません。でも、きっとヤマホトトギス・・。

Ehp9032907 Ehp9032911

花被片は反り返り、花柱に少しだけ斑点があります。これもヤマホトトギスだと思います。

Ehp9032924 Ehp9032922

花被片は水平に開き、花柱に少し斑点があります。花被片の特徴は、ヤマジノホトトギスだけど・・。

Ehp9032919

上の花をズームしてみました。斑点のあるのが雌蕊で、その下の無班なのが雄蕊だそうです。雌蕊・・なんか不気味!

へそ曲りの花ばかりです。図鑑に書かれた特徴通りに咲いてくれよ!

ヤツシロラン類栽培実験(9月上旬)

今日は、もっと天気が悪いはずだったのでは?日差しが強くて、萌の早朝散歩から汗だくでした。

またまた、女子受けのしない記事で恐縮ですcoldsweats01。ヤツシロラン類(一部違いますが)栽培実験の容器を、覗いてみました。

【実験容器①】

Dfp9032697 Dfp9032706

この容器には、私がまだ花を見た事の無い菌従属栄養植物(腐生植物←古典的な名称だそうです)の塊茎が入っています。掲載した写真は、その自生地の部材から発生した菌糸です。

Dfp9032709

このまま増えてくれると嬉しいけど・・。

菌糸が栄養を吸収するための部材が少ないので、このままでは絶えてしまうと思います。身近で手に入る部材を入れると、違う菌糸が繁殖してしまうかもしれません。これも賭けになりますが、思い切って入れてみようと思っています。

【実験容器②】

Dfp9032859 Dfp9032837

これは、アキザキヤツシロランの実生栽培容器です。孟宗竹の板には、白い菌が繁殖しています。右は実生発芽して頑張っている塊茎です。クロヤツシロランに比べて成長が遅い・・栄養をもらうための菌糸が、不足しているのかもしれません。

Dfp9032851 Dfp9032853

タケの葉を除けて見ると、少し大きめの塊茎が隠れていました。

Dfp9032856 Dfp9032842

こちらも・・。団体さんの所より、大きくなっています。

Dfp9032850

自生地の開花時期はもう直ぐです。クロヤツシロランのように、一年足らずでの実生開花は無理でした。でも、何とかここまで辿り着きましたので、花を咲かせられるまで頑張ろうと思います。

【実験容器③】

Dfp9032878 Dfp9032877

スギの葉に絡みつく菌糸・・。これは、クロヤツシロランの自生地から採取した菌糸ではありません。ベニシュスランとハクウンラン、ヤクシマヒメアリドオシランなどが自生していた林の部材を入れました。スギの葉を積み重ねた容器には、一年を通してこのような白い菌糸が見られます。

Dfp9032881

実験容器の菌糸の成長を見るのは、楽しいものです。一般の植物栽培より、面白いかも?

この容器には、写真でしか見た事の無いあるラン科植物の種を蒔きました。一年が過ぎ、八分の諦めと二分の期待を持っています。もしかしたらプロトコームが出来、スギの葉の中で菌糸から養分を吸収して、地上へ姿を現す時を待っているのかもしれません。二分の期待は、一年を通しての菌糸の安定度です。でも、その菌糸が、発芽成長に適したものか分かりませんが・・。

そんな思いで、中を覗くと・・。

P9032875 Dfp9032871

「あっ、塊茎かな?」と思ったら、とても小さな巻貝でした。左の写真の隅に見えるのは、プロトコームかな?なんて諦めきれずにいます。

Dfp9032873

綺麗な貝ですよ。顕微鏡モードでズームしてみました。

このところ、台風が続いてやって来ますね。無事通り過ぎてくれると良いけど・・。

※素人なのに、難しいものに挑戦しています。表現や内容に、間違いがありましたら教えてください。

シュロソウの花

暗紫褐色の花・・シュロソウが咲いていました。

【雑木林】

Ccp9032768 Ccp9032770 Ccp9032773

シュロソウは、「雄花と両性花がつく」と図鑑に書かれています。

左の花は、子房と柱頭がありませんから、雄花のようです。右と中は、雌蕊があるけど子房が見えません。「完全花では、雌蕊の柱頭が雄蕊より突き出る」とありますから、この花は不完全花と言う事になります。

Ccp9032771

横顔をズームしてみました。

【自宅植物園】

いつの間にか、自宅のイヌツゲの下にも生えていました。一昨年から花が咲くようになりましたので、抜かずにおいてあります。

Ccp9032953 Ccp9032974

赤いのが雌蕊の柱頭です。この花には子房も見えています。完全花のようです。

Ccp9032965 Ccp9032966

蟻がやって来ました。顕微鏡モードでズームしてみました。花を虫眼鏡で見たり、こうしてズームして見ると面白いですね。

今年は、コハクランの生える亜高山帯の針葉樹林でも、シュロソウらしき葉を見付けました。一瞬、コハクランの変異種?なんて思ってしまいました。

第3回滝川土手普請

今日は、富士市の工業地帯を流れる沼川水系滝川遊歩道の、草刈りに参加して来ました。

Akp9032732 Akp9032733

いやぁ~暑かった!担当区域に行くだけで、汗だくになり疲れてしまいました。左は着手前、南に向かって撮りました。右は刈り終ったところです。

Akp9032735 Akp9032737

左の写真の辺りには、初期のメンバーが里親になってヒガンバナを植えました。私の場所もあります。クズやアレチウリが進出していましたので、頑張って除去しました。

参加者が多いため、草刈り機もユニック車に山積みです。ゴミも結構落ちていました。「ポイ捨ては恥ずかしい事だ」という意識を、みんなが持てるような社会にしたいですね。

今日も、ジヤトコさんが大勢参加してくれたので早く終わりました。やっぱり、若いエネルギーは凄い!皆さま、お疲れ様でした。

Akp9032731

ヒガンバナはこれから(彼岸に)咲くのですが、中には気の早い奴もいました。

そして・・。

Akp9032728 Akp9032724

アレチヌスビトハギが咲いていたので観察しました。以前、登場した花は完全に開花している状態ではありませんでした。右のように、雄蕊と雌蕊が付き出した状態が開花となるようです。

そして、この花は昼頃には萎んでいました。午後咲く花もあれば、午前中だけ咲く花もあって、植物観察は面白いですね。

ヒナノシャクジョウ&ホンゴウソウ自生地のキノコ

今日も暑い一日でした。

ヒナノシャクジョウやホンゴウソウは、特殊な菌から養分をもらって育ち、その菌は光合成を行う植物から養分をもらって育つそうです。どれかが欠ければ、育つ事が出来ないので、限られた場所でしか見る事が出来ないのでしょう。

そんな事を思い浮かべながら、自生地に生えていたキノコを集めてみました。

Hip9012495

スギの小枝に生えていたキノコ。

Hip9012496 Hip9012497

ホウライタケの仲間でしょうか?

Hip9012498

傘の上部。老眼なのでピンボケ・・腕の悪さを老眼のせいにしていますbleah

Hip9012530

こちらも、小枝に生えていました。樹種は不明。

Hip9012532 Hip9012536

白く透き通るような感じのキノコです。柄に細かい毛が生えていました。

Hip9012590 Hip9012591

この林内で一番大きいキノコでした。

Hip9012599

こちらにも・・。この手のキノコは、図鑑を見ても似たものばかりで良く分かりませんwobbly

Hip9012596 Hip9012597

白っぽいキノコ。柄に鍔があります。

Hip9012587

スギの葉や球果についていた菌糸。

同じ場所には、ヤクシマヒメアリドオシランも生えていました。時々、このような斑入り葉を見かける事があります。

Hip9012551 Hip9012554

この植物も、菌への依存率が高いそうです。だから、こんなに白っぽくても枯れないでいるのかも?

森の植物たちも、みんな助け合って生きているようです。人間社会と同じですね。

低地に生えるシャクジョウソウ(富士市)

以前の記事にも書きましたが、「シャクジョウソウは亜高山帯に生える」と思っていました。ところが、ずっと標高の低い所にも生える事を知りました。今まで見た中で、一番標高の低い所で出会ったシャクジョウソウを掲載します。

Hjp9012408 Hjp9012405 Hjp9012413

この場所では、二年前にドライフラワーを見ています。そのほぼ同じ場所に、また生えていました。茎に互生しているものは、(葉が退化した)鱗片葉と呼ぶそうです。

Hjp9012424 Hjp9012422

今年、亜高山帯で出会ったシャクジョウソウは、か弱い感じの株で、まだ俯いていましたが、こちらは花が開いていました。見比べると、別種のような感じがしますね。

シャクジョウソウの色は、生えている場所で変異があるようです。以前黄色っぽい株を見た事があります。

Hjp9012414 Hjp9012415

花の中の様子を撮ってみました。

Hjp9012416

「雄蕊は8個あり、子房を囲む」と書かれていますが、この状態では見えません。ナンバンギセルのように「異様に大きい柱頭」と表現しないのかな?

ヒナノシャクジョウ・ホンゴウソウ第二の自生地(富士市)

私が知る唯一の自生地へ、ヒナノシャクジョウの果実の様子を見に行って来ました。

数枚写真を撮り、そのまま帰るつもりでしたが、また山の神様の囁きに誘われました。第一の自生地から更に山を登って行くと・・。

Hhimg_0927

湧き水の流れる場所に出ました。その足元に・・。

Hhp9012592

「あっ、ヒナノシャクジョウだ!」この白い小さな植物は、一度目にすると案外見つけ易いものです。

Hhp9012593 Hhp9012594

ところで、果実が熟した状態は、どうやって判断するのだろう?

「ヒナノシャクジョウとホンゴウソウは、かなりな高確率で共存する」・・その言葉を思い出し、踞(しゃが)んで地面を見渡すと・・。

Hhp9012604

生えていました!右の株の手前には、ドライフラワーが見えます。昨年のものでしょうか?

Hhp9012605 Hhp9012610

金平糖か野イチゴのようでしょ?

Hhp9012634

こちらにも・・。手をかざしているのはピント合わせと、大きさを見てもらうためです。

Hhp9012640 Hhp9012649

第一のエリアでは、金平糖の数の少ない株を5本見つけただけでした。こちらの方が、沢山生えていました。湿地に近いので、より環境が適しているのかもしれません。

Hhp9012608 Hhp9012645 Hhp9012648

かなり画質が落ちますが、金平糖を顕微鏡モードでズームしてみました。デジイチ+マクロレンズでは等倍なので、コンデジばかり使っています。

Hkp9012433 Hkp9012434 Hkp9012436

手を背景に撮ってみました。クリックして見ると、こちらの方が自然な(見た目の)色に近いかな?写真は難しい・・wobbly

Hhimg_0909

この写真でも、ホンゴウソウが如何に小さな植物なのか分かっていただけると思います。

ホンゴウソウは、環境省RDBで絶滅危惧種Ⅱ類(VU)、静岡県では絶滅危惧種ⅠB類(EN)に指定されています。ヒナノシャクジョウが生えていなければ、ホンゴウソウを見付けるのは至難の業だと思います。

山の神様、いつも有難う!

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »