他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キレンゲショウマとレンゲショウマの花 | トップページ | ハゼラン(自宅植物園) »

ハクウンラン(富士市)

今日は、早朝から家の周りの草取りと剪定をしました。汗だくの上に、アシナガバチに手首を刺されて散々でした。

昼前に、ハクウンランとヤクシマヒメアリドオシランの様子を見て来ました。今のところ、一週間毎しか行けませんので、かなり様子が変わっています。ついでに、隊長から情報をもらった別のハクウンランの自生地へ行って来ました。

Ohp8070983 Ohp8071015

ハクウンランの自生地は、スギやヒノキの林と思っていたのですが、この場所は広葉樹林脇でした。

Ohp8071025 Ohp8071034 Ohp8071033

スギ林に自生するものより、軸が太く花付も良いようです。

Ohp8070940

この場所にはハクウンランだけが生えていましたが、真ん中の花・・唇弁の肩がなで肩で、裾が少し斜めです。ヤクシマヒメアリドオシランに似ています。

Ohp8071038 Ohp8071042

株毎に唇弁の形もいろいろ・・。

Ohp8071014 Ohp8071040

同じ株に咲く花は、唇弁の形が似ています。

最初に行った自生地・・スギ林で、花の写真を撮ろうと邪魔なスギの葉を除けると・・。

Ohp8070901 Ohp8070904a

菌糸が出て来ました。そしてスギの葉と一緒に、ハクウンランが抜けました。右はその根元の様子です。根が折れたのかと思ったら、そうではありませんでした。

「日本のランハンドブック①」には、「根が退化しているので、菌への栄養依存が強いと思われる」と書かれています。ヤクシマヒメアリドオシランよりも、菌への依存度が高いため点在して生えているのかもしれません。

« キレンゲショウマとレンゲショウマの花 | トップページ | ハゼラン(自宅植物園) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64026199

この記事へのトラックバック一覧です: ハクウンラン(富士市):

« キレンゲショウマとレンゲショウマの花 | トップページ | ハゼラン(自宅植物園) »