他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ツチアケビの花(富士市) | トップページ | カラスウリの花(自宅生け垣) »

ヒナノシャクジョウ(富士市)

この植物と初めて出会ったのは、2014年の今頃でした。隊長から発見の情報をもらい、週末まで待ちきれず仕事帰りに寄ってみました。薄暗い林内が、ますます暗く不気味でした。

そして、今日も仕事帰りに寄ってみました。物好きだと思うでしょ?でも、何があって見逃してしまうか分かりませんから・・。

Hnp8040519 Hnp8040526

とても小さな植物です。初対面の時は、その大きさも知らずに行きました。薄暗いので諦めようとした時、足元に小さな白い花のようなものを見付けました。「何の花だろう?」と屈んで、初めてその姿に気づきました。

Hnp8040516

先端部が、褐色になっているのは咲き終わりでしょうか?虫に食べられた様な痕が見えます。

Hnp8040495 Hnp8040492

一茎に付く花の数も様々です。左に写っているヒノキの枯葉と比べて見てください。小ささが、分かると思います。

Hnp8040500 Hnp8040479

今年も見る事が出来て良かった!彼方此方藪蚊に刺されてたまりませんでしたが・・。

この場所では、赤紫の金平糖(ホンゴウソウ)も生えます。最初の出会いは、9月20日でした。また探しに行くつもりです。

Hnp8040537

ヒナノシャクジョウやホンゴウソウに、発芽・生育の養分を与えるのはこの菌糸だろうか?

ヒナノシャクジョウは、環境省RDBの指定はありませんが、全国各地で危険度の高い絶滅危惧種に指定されています。静岡県では、要注目品種(N)です。私はこの場所でしか見た事はありませんが、県内で沢山生えている所があるのだろうか?

« ツチアケビの花(富士市) | トップページ | カラスウリの花(自宅生け垣) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

フジタケさん、お早うございます。

情報有難うございます。
我が家の息子のような存在の研究者が、腐生植物や腐生蘭などを研究対象としています。
その事もあり、こういう植物に目を向けて探索しています。

先日、キバナノショウキランを捜しに行った時、いろいろなキノコが目に入りました。
何時か、フジタケさんとも出会えるだろうと思いながら、林内を探索して来ました。

これからますます忙しい季節ですね。
HP楽しみにしております。

こんばんは、きのこ探しの時に見かけることがあり、伊豆半島で2か所、県西部で1か所探しています。せせらぎ程度の沢の岸辺でヒノキ林の樹下に出るようです。
伊豆半島の一箇所は大量に出てホンゴウソウも確認できました。

http://yuyukinoko.sakura.ne.jp/nikki/2016/07/07-28hinanosyakujou01.html

小さい花ですが魅力的で見つけると嬉しくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64012121

この記事へのトラックバック一覧です: ヒナノシャクジョウ(富士市):

« ツチアケビの花(富士市) | トップページ | カラスウリの花(自宅生け垣) »