他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 最近出会ったキノコ① | トップページ | 最近出会ったキノコ③ »

最近出会ったキノコ②

窓を開けていたら、またシキミの農薬散布に来ました。毎週のようにやって来ます。ちょっと異常なのでは?展着剤を使っているとはいえ、大雨が降ってもずっと臭っています。濃度の高い証拠です。お茶と違い、規制する機関が無いのでしょうか?

Kp8161508

ヒノキの林に生えていた真っ赤なキノコです。

Kp8161511 Kp8161509

柄も赤い。アカタケと言うキノコに似ていますが・・。

Kp8161451 Kp8161457

こちらは、ウラジロモミの人工林で見付けました。左のキノコはかなり大きくなり、傘の裏は網目状になっています。

Kp8161525 Kp8161524

こちらもウラジロモミの人工林で見つけたキノコです。ホウキタケの仲間。

Kp8161523 Kp8161527

ミズナラかブナの倒木だと思います。左のキノコは、傘を丸めたようになっていて、ハエが沢山集っていました。右は固い珊瑚のようなキノコ?です。

Kp8161512

このキノコも良く見かけます。傘の裾がお洒落な感じでしょ?黄色だけでなく、オレンジ色のものもありました。

Kp8201784 Kp8201783

これは、裏側が放射状のヒダになっていたと思ったので、カワラタケではなくカイガラタケの仲間でしょうか?

« 最近出会ったキノコ① | トップページ | 最近出会ったキノコ③ »

植物観察」カテゴリの記事

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

① ヌメリガサ科の赤いきのこは同じようなものが多くて難しいですがアカヌマベニタケが近いような気がします。
② イグチの仲間、幼菌で分かりませんが、傘が開いているものの裏側の様子、傷つけての色の変わり方などが手がかりになることが多いです。
③~⑤ホウキタケの仲間は分類が進んでいないようで図鑑に載っていないものが多く、よくわかりません。
⑥ 朽ちてくると分かりにくくなりますが、材に出ていることからウラベニガサかと。
⑦ クロサイワイタケ科の老菌
⑧ キイボカサタケ。色違いにシロイボカサタケ、アカイボカサタケがありますが富士山ではオレンジで黄色か赤か決めかねることがよくあります。
⑨ この形で裏がヒダの硬質菌はカイガラタケの可能性が高いですが、傘の滑々感が気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64091146

この記事へのトラックバック一覧です: 最近出会ったキノコ②:

« 最近出会ったキノコ① | トップページ | 最近出会ったキノコ③ »