他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ハナイカダの果実 | トップページ | コイチヨウランとハコネラン(富士山) »

野生ランの受難

今年は、アオスズランの花を見逃してしまいました。そう言えば、同属のカキランもです。

アオスズランの株は、良く見かけますが、私の探索範囲で花を見るのは意外と難しいです。

Oimg_0320 Oimg_9785 Oimg_9788

左は標高2,300m、右は1,300m辺りで見つけたアオスズランです。いつも思うのですが、私には両者が少し違って見えます。今年は、花をちゃんと撮って比較しようと思っていたのですが・・。

Oimg_0313 Oimg_0315

標高2,300m辺りの株は、花が終わり花柄子房が膨らんでいました。8月半ばでは仕方ないか・・。デジイチで、ストロボ使用と無で撮ってみました。カメラの知識が殆ど無い私には、コンデジのLEDリング使用が一番自然に撮れます。

この辺りでは、毎年数本見かけますが、同じ場所で翌年続けて見る事は殆どありません。こちらは悪い小父さんに連れ去られたのかもしれません。

Op7243685 Op7243821

そして、標高1,300m辺りで見付けた株(最上段の中と右)は、二本とも何ものかに食べられていました。シカだと思います。

同じくらいの標高では、虫に食べられた株もありました。

Op7243820

葉が穴だらけです。他の植物の葉を食べれば良いものを・・。

この標高のアオスズランは、茎が伸び始めた頃、虫に食べられる株が多く、蕾を付けた姿になかなか出会えません。人、シカ、虫・・周りは敵ばかりです。

ついでに・・。

Op7243678 Op7243679

このキバナノショウキランも、シカに食べられたようです。今年は、オニノヤガラと黄色系のキバナノショウキランもシカに食べられたと思います。

富士山に生えるラン科植物は、受難続きです。

« ハナイカダの果実 | トップページ | コイチヨウランとハコネラン(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64049222

この記事へのトラックバック一覧です: 野生ランの受難:

« ハナイカダの果実 | トップページ | コイチヨウランとハコネラン(富士山) »