他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シャクジョウソウ(富士山) | トップページ | ミヤマハナワラビ(富士山) »

ヨウシュヤマゴボウ

今日は、富士市の戦没者追悼式に参列して来ました。年々、参列者が減少しているようです。

裏庭植物園に生えている、ヨウシュヤマゴボウを観察してみました。全草有毒植物だそうです。厚労省の「自然毒のリスクプロファイル」にも掲載されています。

Ygp8141396 Ygp8141397

最初は一年草かと思い、地上部だけ刈り取っていました。ところが、翌年も同じところに出てくるので調べてみると、多年草だそうです。根も掘り起こさないと駆除出来ませんね。

Ygp8141390 Ygp8141381

先端部には花が残っていました。

Ygp8141379 Ygp8141385

左はまだ雄蕊が残っています。雄蕊が落ちると、萼が少し緑色を帯びて来ます。

Ygp8141369 Ygp8141393

更に果実が大きくなると、軸、柄、萼が赤くなって来ます。

Ygp8141407 Ygp8141402

やがて、緑色だった果実は黒く熟します。軸、柄、萼は更に赤くなって来ます。右の果実を見てください。緑色の時は扁平ですが、熟すと丸みを帯びてくるそうです。

ところで・・。

Ygp8141404a

これは?栄養障害でしょうか?

« シャクジョウソウ(富士山) | トップページ | ミヤマハナワラビ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64064058

この記事へのトラックバック一覧です: ヨウシュヤマゴボウ:

« シャクジョウソウ(富士山) | トップページ | ミヤマハナワラビ(富士山) »