他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ツリシュスラン(富士山) | トップページ | 最近出会ったキノコ② »

最近出会ったキノコ①

今日は、天気が悪いはずだったのにどうした事でしょう?午前中、畑に行ったのですが、暑くてすぐに挫折しました。

最近、富士山麓などで出会ったキノコを集めてみました。例によって、名前が分かりませんので、写真を載せるだけ・・。

Kp8161452 Kp8161453

針葉樹の倒木で、このキノコを良く見かけました。裏返して見ると、一面に棘のようなものが見えます。「猫の舌のようなキノコ」で検索して出て来た、ニカワハリタケに似ています。

Kp8161454a

顕微鏡モードで撮ってみました。凄いでしょ?

Kimg_0585 Kimg_0590

こちらは遠くからも目立つ大きなキノコの一軍です。右のサンプル瓶が約120mmくらいですから傘の大きさは150~200mmくらいでしょうか。

Kimg_0587

ツキヨタケかと思って、柄の部分を中心に裂いて見ましたが、黒いシミがありませんでした。でも、図鑑を見ると、「黒いシミのほとんどないものもあるので注意!」と書かれていました。

Kp8161450 Kimg_0582

落葉広葉樹林で見かけたキノコです。

Kimg_0579 Kimg_0565

樹上に生えるキノコ。

左のミズナラの周りは、とても良い匂いがしました。原因はキノコではなく、コガネムシの仲間・・オオチャイロハナムグリのようです。私が指さすと、甲虫採取のお兄さんが急いで捕まえていました。

右のキノコは、傘の裏に虫が沢山集っていました。

Kp8161460a

このキノコも彼方此方で見かけました。ソーメンタケの仲間でしょうか?

« ツリシュスラン(富士山) | トップページ | 最近出会ったキノコ② »

植物観察」カテゴリの記事

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

むしさん、お早うございます。
docomoアドレスにメールしましたので、読んでください。

こんにちは。ご丁寧にありがとうございます!参考になります、、。幾度も申し訳ありません。私は元々、神奈川県で野生らんを中心に栽培などを30年近く行って参りまして現在、らんは卒業、今は虫に興味の中心を移しているという感じなんです。差し支えなければ、よろしければ現地を見せていただけないでしょうか?いきなり勝手なコメント、申し訳ありません。


むしさん、今日は。
このミズナラは、私の背丈くらいのところに樹洞があります。
何処にでもいるわけではなく、かなり珍しい甲虫のようです。
採取したお兄さんは、みんなに自慢できると喜んでいました。
富士山で、標高1,000mを超す辺りでは、倒木に鉈の痕を見る事が多々あります。
甲虫を探した痕跡だと思います。

ご丁寧にありがとうございます。富士山のミズナラは巨大ですよね!匂いで存在が判る位ですから、、そのミズナラの洞とは、地表からはそれなりに高い位置にあるのですか?

むしさん、お早うございます。
隣にやって来たお兄さんは、じゃ香の香りと言っていました。
また、オスの方が香るとの事でした。
この場所は愛鷹ではなく、富士山麓です。
樹洞のあるミズナラの巨木です。
この周辺には、ブナやミズナラなどの巨木が多く見られます。

はじめまして。オオチャイロハナムグリの香りって、どのようなものなんですか? 愛鷹山には、そのような巨大なミズナラがあるのですね。見てみたいものです。

適当に雨が降ったのできのこが出始めましたね。

いずれも写真からの判断ですが、
① ニカワハリタケ、針葉樹の倒木に出ます。
② ツキヨタケ、富士山では柄を割いても黒くないものを見かけます。
③ ヒダが薄いピンク色ならタマゴテングタケモドキ(アカハテングタケ)シロならツルタケダマシ。
④ 白いのは硬質菌の幼菌
⑤ ウスヒラタケかチャヒラタケの仲間
⑥ ツノフノリタケ

たくさん見れば手がかりが増えると思いますので上記の名で検索してみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64091002

この記事へのトラックバック一覧です: 最近出会ったキノコ①:

« ツリシュスラン(富士山) | トップページ | 最近出会ったキノコ② »