他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヨウシュヤマゴボウ | トップページ | マネキグサ »

ミヤマハナワラビ(富士山)

この希少種のシダ植物に会うために、霧に覆われた自生地をGPS頼りに訪れました。

Mp8121244 Mp8121243 Mp8121246

とっても小さなシダです。杉野先生の「静岡県産希少植物図鑑」には、ホソバミヤマハナワラビを近年静岡県で確認していると記されています。

ホソバと普通種の違いは分かりませんが・・。

Mp8121242 Mp8121241 Mp8121232

胞子嚢には左と中のようにラインが見えます。ここが開いて胞子を飛ばすと思いますが、右の写真を見ると虫に齧られたようにも見えます。機会があれば飛ばし始めの姿も見たいものです。

ミヤマハナワラビは、環境省、静岡県とも絶滅危惧種ⅠA類(CR)(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種)に指定されています。

« ヨウシュヤマゴボウ | トップページ | マネキグサ »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/64066437

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマハナワラビ(富士山):

« ヨウシュヤマゴボウ | トップページ | マネキグサ »