他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ハクウンランとヤクシマヒメアリドオシラン(富士市) | トップページ | グロリオサ(7月下旬) »

オオバノトンボソウ(富士市)

このところ、風邪気味で調子が良くありません。社外へ出れば暑く、社内にいれば寒い!

昨年の今頃は、暑い現場事務所で慌ただしい日々を過ごしました。電源容量の関係があり、扇風機と団扇だけが頼りでした。最近では、パソコンを使っての図面描きだからまだ良いのですが、昔のようにトレーシングペーパーや和紙に手描きしていたら、汗でシワシワになってしまった事でしょう。

比較的、身近なところで見る事の出来るツレサギソウ属・・オオバノトンボソウの花を撮ってみました。

Oo152 Oop7243868 Oop7243866

この野生ランは、落葉広葉樹林内にも、スギやヒノキの林にも生えています。落葉広葉樹林内では、良く虫に食べられるようで、ここのように無事に花を見る事がなかなか出来ません。

Oop7243870

丁度見頃でした。

Oop7243883 Oop7243882

①側萼片は後ろに反る②唇弁の先端は後ろに反る③距は斜め下に伸びる④茎の稜が著しく目立つ・・接写した花を見ながら、少しずつ勉強です。

花柄子房が捻じれています(右)。受粉すると、子房の膨らみとともに、捻じれが戻り上を向く?

Oop7243874 Oop7243876

「背萼片は、側花弁と兜状になる」・・図鑑の表現も覚えなくては!

Oop7243880 Oop7243887

花を接写ズームしてみました。このところマクロレンズを使わず、コンデジばかりです。こちらの方が花の様子が良く分かるので・・。

« ハクウンランとヤクシマヒメアリドオシラン(富士市) | トップページ | グロリオサ(7月下旬) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
女子受けのしない花を見てくださって有難うございます。
こうして、接写して見ないと分からないような小さな花の野生ランが多いです。
もっと大きな花を咲かせればいいものを・・。

こんにちは。
やまぶどうさんのお陰で 見た事もない日本の蘭がみられて嬉しい限りです。
楽しませて頂き 有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63970358

この記事へのトラックバック一覧です: オオバノトンボソウ(富士市):

« ハクウンランとヤクシマヒメアリドオシラン(富士市) | トップページ | グロリオサ(7月下旬) »