他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 樹上の居候 | トップページ | 滝川土手普請(富士市) »

野生ランの果実

今日は涼しい一日でした。小山町は雨・・仕事とはいえ、せっかく行ったのに残念!

最近見かけた野生ランの、膨らみ始めた子房(果実)を集めてみました。

Fop7092256 Fop7092258

一番手はエビネです。右は昨年のドライフラワーだと思います。

Fop7092316 Fop7092313 Fop7082168

次は、葉脈(網目模様)が目立たないので、クモキリソウだと思います。クモキリソウの花も載せてみました。

Fop7082022 Fop7082039 Foimg_9227

亜高山帯の針葉樹林内では、ヒメムヨウランも子房が膨らんでいました。真ん中に注目してください。茎に似た色の虫が集っています。

そしてコハクランも・・。

Fop7081881 Fop7081924

神の手により、受粉の手助けがされました。これはその一週間後の様子です。

Fop7081871

こちらにも虫が集って、花弁を食べていました。葉を食べるのも、この虫だろうか?

Fop7163055 Fop7163058 Fop7092416

コケモモの中に生えているのは、キソチドリかな?右端は、とってっも小さな花・・ヨウラクランの果実です。花も小さいですが果実も小さい・・。

Fop7173177 Fop7092398

コンデジの顕微鏡モードで、撮ってみました。右は似ているけど、ムギランの果実です。写真は同じくらいに写っていますが、こちらの方がずっと大きい果実です。

Fop7173230 Fop7173232 Fop7183335

花と同じように地面を向いているのは、コアツモリソウの果実です。この後、反転して上を向くようになります。右は何ものかに先端部を食べられたオニノヤガラです。

こちらも子房が膨らんでいました。

Fop7102611 Fop7092343

左は、新たなエリアで見つけたハコネランです。右は花の時機を逃してしまったタカネフタバランです。

楽しみにしていた野生ランの花期も、あっという間に過ぎていきます。でも、まだまだこれから見頃の花もあります。休日に、天気が良いと嬉しいのですが・・。

※子房とは、被子植物の雌しべの基部にあり、膨らんで袋のようになっている部分。上は花柱に、下は花托(かたく)につながる。中に胚珠 (はいしゅ) があり、そこで受精が行われ、種子ができると熟して果実になる。・・goo国語辞書より

« 樹上の居候 | トップページ | 滝川土手普請(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63952433

この記事へのトラックバック一覧です: 野生ランの果実:

« 樹上の居候 | トップページ | 滝川土手普請(富士市) »