他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コンデジで撮った植物など(富士山) | トップページ | ハコネラン(富士山麓) »

ミスズラン(静岡県)

このとても小さな野生ランとは、二度目の出会いです。

Fmp7021542 Fmp7021517

写真を撮って数歩歩けば、また目を皿のようにして探さなければなりません。うっかり踏みつけてしまうかも?最初見た株は、苔の中に生えていました。でも、ここは御覧のような場所です。

Fmfn113 Fmfn113a Fmp7021537

この小さな花は、「デジイチ+マクロレンズより、コンデジの顕微鏡モードの方が花の様子が分かる。」と言う事で、STYLUS TG-4 Toughの出番です。

Fmp7021483 Fmp7021490

小さい上に風に揺られて、なかなかピントが合いませんwobbly

Fmp7021530 Fmp7021529

同じような写真ですが、ピント位置を変えたつもり・・。子房部分に少し捻じれが見られます。

Fmp7021533 Fmp7021531

横顔も撮ってみました。

ミスズランは、環境省RDBおよび静岡県でも絶滅危惧種ⅠA類(CR)に指定されています。

諸先輩の、ブログやHPに掲載されている写真の多くは、この野生ランが最初に発見された長野県で撮影されたものです。

「みすずかる信濃の国は・・」和歌などの枕詞からこの名がつけられたそうです。女性の名前かと思っていましたbleah。ちなみに、写真のミスズランの産地、駿河の国(静岡県)の枕詞は、「打ち寄する」だそうです。

« コンデジで撮った植物など(富士山) | トップページ | ハコネラン(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

うーさん、今日は。
自生地が分かっていても、出会うのが難しい植物です。
とっても小さい上に緑色の花なので尚更・・。
GPS登録だけでなく、周辺の写真も撮っておかないと、翌年出会えないかもしれません。
それにしても、どうしてこんなに小さいのでしょう?

おはようございます

ミズズランの最初の発見者は、信濃の枕詞をつけられたのですね
「水焉刈る」初めて知りました
周りに篠竹が生えていたのでしょうか?

ネーミングの起源は面白いですね
名前の起源を知ったので、是非遭遇したい蘭です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63861015

この記事へのトラックバック一覧です: ミスズラン(静岡県):

« コンデジで撮った植物など(富士山) | トップページ | ハコネラン(富士山麓) »