他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ミヤマフタバラン(富士山) | トップページ | オニク(富士山) »

ヒナチドリ(富士山)

今日は、キバナノショウキランの黄花とオニノヤガラの確認に行って来ました。それがなんと、何者かに食べられていました(シカかもしれない)。

山の神様に文句を言いながら、少しだけ別のエリアに入りました。

すると・・。

Hop1020946 Hop1020980

イタヤカエデに居候しているノキシノブの中に、何か見えます。この日は、運良く高倍率のコンデジをリュックに入れていました。

Hop1020947 Hop1020972

ズームして見ると・・。「花だ!ウチョウランに似ている!もしかしたらヒナチドリかも?」

Hop1020930

光学ズーム60倍、手持ち撮影です。幅広の葉が一枚・・ヒナチドリだと思います。

Hop1020959 Hop1020978

角度を変えて撮ってみました。小さいものを含めると、4株ほど生えているようです。

Hop1020938

初めての出会いが、今日訪れるとは思ってもいませんでした。オニノヤガラの花が食べられていなければ、この出会いはありませんでした。ちょっと複雑ですが・・。

「山の神様、文句を言ってすみませんでした!」・・嬉しい出会いは、まだ続きます。

Hop1020865 Hop1020912 Hop1020913

フガクスズムシの群生です。光学60倍ズーム手持ち撮影でも歯が立たないくらい高い所に着生していました。裏に回ると、オシャグジデンダが休眠を終えて、新しい葉を展開していました。この木もGPS登録です。

この他にも新しいエリアで、キバナノショウキランを35株ほど見つけました。午前中だけの探索で、こんなに嬉しい出会いが続くとは・・。

山の神様今日も有難う!

ヒナチドリは、環境省RDBで、絶滅危惧種Ⅱ類(VU)、静岡県では絶滅危惧種ⅠB類(EN)に指定されています。

« ミヤマフタバラン(富士山) | トップページ | オニク(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

ピテカン&カッパさん、お早うございます。

コメント有難うございました。
この日も首が痛くなりましたsad

正直、この野生ランに出会う事は無いだろうと思っていました。
新たな出会いは、ちょっとした好奇心から生まれます。
気になった視線の先へ向かわなければ、出会う事はありませんでした。

こんばんは。

ヒナチドリ、すごいですね!!・・よく見つけられましたね!
やっぱりイタヤカエデでしたか~!
いつかは会ってみたいと思う幻のランですが、奇跡のような出会いでしたね。

それにしても、樹上のラン探しは、首が痛くなってしまいますね・・

キレンゲショウマさん、お早うございます。

思い起こせば、この日は全てが繋がりこの場所へ導かれました。
キバナとオニノヤガラの食害、天気の急変など・・。
一番の切っ掛けは、人使いの荒い研究者からの宿題でしたbleah

あの子、探しましょう!

 もう、凄い!凄い!の言葉しかありません。
あるのかなあ? でも逢えるのは夢のまた夢の世界・・・と思っておりましたら、
出逢われてしまったのですね。

 あとは・・・あの子を探すのみ??
思わずバンザ~イ!です。 いい1日になりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63933327

この記事へのトラックバック一覧です: ヒナチドリ(富士山):

« ミヤマフタバラン(富士山) | トップページ | オニク(富士山) »