他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヒナチドリ(富士山) | トップページ | 香る花(自宅植物園) »

オニク(富士山)

地上に姿を現したオニクの頭部を確認してから、3週間が経ちました。「少し遅いかもしれない・・」そう思いながら、霧雨降る天気の中、自生地へ向かいました。

そして、ついにドライフラワーではないオニクを見る事が出来ました。

Ngp7162977 Ngp7162978_2 Ngp7162979

前回確認出来なかった場所にも生えていました。出会えて本当に良かった!

Ngp7162967 Ngp7162965

こちらは、雄蕊と雌蕊らしきものが見えています。これが見頃の株でしょうか?

Ngp7162942 Ngp7162947

頑丈そうな萼と花冠ですね。右の写真で透明感のある丸いのが雌蕊で、その下の首の曲がった部分が雄蕊でしょうか?

Ngp7162938b Ngp7162939

こちらは並んで生えていました。でも、ズームして見ると、雌蕊は見当たらず雄蕊の枯れ始めたようなものが見えています。花の見頃は過ぎたようです。

Ngp7162975 Ngp7162974 Ngp6261180

昨年のドライフラワーがまだ残っていました。右は、3週間前に一番伸びていた株です。この状態からの成長は、かなり早いようです。来年は、もう少し早く行って見る事にします。

ところで、この場所から、嗅ぎ馴れない臭いがしました。オニクは、猫などに好まれるようです。あの臭いは、オニクだったのだろうか?

前回見た株の配置からすると、無くなっている株があるようです。野生動物に食べられたのか、悪いおじさんに採られたのか?おじさんさんなら、残していかないと思いますが・・。少しだけ保護意識のある人が、採って行ったのかもしれません。

来年また出会えることを願って、ミヤマハンノキの生える斜面を後にしました。

« ヒナチドリ(富士山) | トップページ | 香る花(自宅植物園) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63938318

この記事へのトラックバック一覧です: オニク(富士山):

« ヒナチドリ(富士山) | トップページ | 香る花(自宅植物園) »