他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ハコネラン(富士山麓) | トップページ | フガクスズムシソウ(富士山) »

タカネグンナイフウロ(富士山)

今日は、霜降り肉の唇弁を持つ野生ランの記事の予定でしたが、事情があり写真の整理が出来ませんでした。そこで、急遽お気に入りのフウロソウ・・タカネグンナイフウロの記事とさせて頂きます。

Tg_2

アサマフウロやカイフウロなどの赤紫色の花も良いですが、この大形の青紫の花も魅力的です。図鑑には濃紅紫色とありますが・・。花の基部は白。

Tg_3 Tg_1

「萼片、花柄にも開出する腺毛が密生する」と書かれています。

Tg_4

どちらかと言うと、こんなふうに下を向いています。照れ屋なのかも?

Tg_5

タカネグンナイフウロは、グンナイフウロの品種だそうです。

その違いは?

Tg_9 Tg_14

「タカネグンナイフウロの葉裏は、脈上だけに開出毛があり、細脈にはない。グンナイフウロは葉の開出毛が多く、葉裏の細脈上にも毛があり、腺毛も混じる。」と書かれています。これらの事から、タカネグンナイフウロとしました。

間違っていたら、教えてください。

最後に、少しだけ・・。

Tgfn60

霜降り肉の唇弁を載せます。

« ハコネラン(富士山麓) | トップページ | フガクスズムシソウ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

はなねこさん、今晩は。
私は一人歩きが多いため、Web図鑑やブログにコメントをくださる方が大切な先生です。
また何か気づかれたことがあったら教えてください。

霜降り肉の唇弁、シテンクモキリの次に掲載予定です。
またみてください。

やまぶどうさん こんにちは。
葉の裏面をしっかり確認されていますね。
私はうっかりして、裏返っていた縁の近くが見えるだけでした。
記事を訂正しておきます。
ありがとうございました。

霜降り肉の唇弁 (^^;  楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63870521

この記事へのトラックバック一覧です: タカネグンナイフウロ(富士山):

« ハコネラン(富士山麓) | トップページ | フガクスズムシソウ(富士山) »